2017.05.04 個人的なテーマ 納得と自由を追い求めて

生きていくにあたって、私が個人的に抱いているテーマがあります。


それは
「市井の人」として、「1人の人間」として
肩書に関係なく
本質・特性を活かして、
自由に、やりたいことをやる


「市井の人」「肩書」については、別記事で改めて書きます。
これらは、自分で自分をありのまま認め満たすことへと繋がります。


このテーマを前提とした上で、サロンは改めて「女性専用」で行くことを決めました。
理由がいくつかあるのだけれど長くなるので、これも追々書いていきます。


「自由」と書きましたが、私にとっての自由は、いわゆる好き勝手を指すのではありません。


このページで書いた、2つの基盤

●自分で自分(の欲)をありのまま認め満たす
●自分で自分(の欲)をありのまま認め満たし、自分を尊重するように、他人が他人(の欲)をありのまま認め満たすことを尊重し、必要があれば互いの合意点を見出し、実行する

を守った上でのことです。


昔、「自由」という言葉に、混乱していたことがありました。
何をもって「自由」と言えるのだろう。
でも、決して、自分の好き勝手に振る舞うことではないよなあ。


そんなことを思っていたので、ありのまま認める×EFTを通じて「基盤の上での自由」が見えた時、すごくうれしかったのです。


この8年間、私のやりたい事として
「自分の納得を追い求める事を通じて、色々な物事を成り立たせることは可能なのか」
という取り組みを、密かにやっていました。


納得を追い求める先に、サロン運営なり、ありのまま認める×EFTやセッションがあります。


現在、セッションは、問題解決の方法を通じて

・クライアントさんの本質・特性を活かせない状態を活かせる状態へ持っていく
・クライアントさんにお子さんがいらっしゃる場合は、セッションを通じて世代連鎖を阻止する

ことを目的に行っています。


この目的は「自分で自分をありのまま認め満たす、この先を見たい」と思って、1つ1つを積み重ねた先で見つけたものです。


大それたことを書いていると思うかもしれませんが、実現は、決して絵空事ではありません。


8年間の取り組みの集大成をもって「普段の生活の、地道な1つ1つの積み重ね」と「経年の変化」を見てきた上で、可能だと判断して取り組んでいます。時間はそれなりに必要ですが。

 

今の所、セッションはこれまでと変わりない、1対1のスタイルで行っています。


「今の所」と書いたのには、理由があります。


上記の目的をもって、自分で自分をありのまま認め満たしながら、納得を求めて進んだ先がどこに繋がるのか、今の時点では全くわからないからです。


振り返れば、ちょうど8年前の今頃にサロンを公開し始めました。

 

あの頃「ありのまま認め満たすこの先に、何があるのかを見たい」と思っていた私に、8年後の私がどんな取り組みをしているのかを、先に見せたとしたら


「いやいやいや。
それ、無理でしょ。
絶対にいやじゃーーーー」
と言ったに違いありません。


サロン立ち上げ以前に、混乱していた頃。


先が見えたら、どんなにラクだろうと思ったことがありました。
先が見えていたら、その対策を今から出来るのにと思っていたのです。


でも、この先にあるものが先にわかっていたとしたら、私はきっと、足を1歩踏み出す以前に「自分には出来ない」と言って諦めたと思います。


そんなことを振り返りながら「普段の生活の1つ1つの積み重ね」の凄さや力強さを、今、しみじみと感じています。


その凄さや面白さ、変化といったものを、クライアントさん達が取り組みを通じて実際掴めるように、日々、セットアップフレーズ作りに関して、あれこれ試行錯誤しています。

 

試行錯誤と書きましたが、自分が一番使っているので、実践を兼ねた試行錯誤って感じです。

 

セットアップフレーズは、クライアントさんの事例に沿って作るので、表面上の装飾部分は皆違うのですが、躓く箇所が皆一緒なので、土台の部分は一緒なのです。


ちなみに、セッションやフォローを提供するにあたって、私は、
・普段は、必要と判断したことをやる、質問されたら答える
・たーすけてーーと声がかかったら、かゆい所に手が届くように努める
・声がかからない時は、黙っている
を心がけております。

 

昔、あるクライアントさんから、セッションについて「緩いけれど、真剣」と言われた事があったのですが、セッションは緩いけれど、真剣に取り組みつつ「ひっそりかつ主体的に補佐する」のが、個人的にすごく好みなのです。