ありのまま認める×EFTではスケールを使いません

提供者によって、EFTのやり方・EFTを行う目的・スケールの扱い方といったものに違いがあります。

 

ここでは、一般的なスケールの使い方と、ありのまま認める×EFTでスケールを使わない理由について説明しております。

スケールの使い方

通常、EFTでは「スケール」を使います。


スケールとは、1つのEFTを一通り行った後、EFTをする前と後を比べて、あなたの中に、どのような感情の動きや変化が生じたのかを、0から10までの数字を使って表現するというものです。


例えば「ネガティブと呼ばれる感情を消す」という目的で、EFTを行う場合。
・EFTをする前・・・悲しいと感じていたのが10
・EFTをした後・・・悲しいと感じていたのが7
といった具合に、使います。


極端な話、スケール10から0になれば、EFTは終りになります。


実際は、1回のEFTで10から0になるというのは、あまりなく、段階を踏んで、10→7→3 といった具合になることが多いのではないかと思います。


まだネガティブな感情が3残っているけれど、10から3になって落ち着いたから、いったん終わるといった感じです。

ありのまま認める×EFTでスケールを使わない訳・1

ありのまま認める×EFTでは、スケールは使いません。

 

EFTを行う目的は「自分の問題を自分で解決して、本質・特性を発揮する」です。


いわゆるネガティブと呼ばれる感情は、忌み嫌うものではなく、あなたの中で、何らかの理由があってうまれたものと捉えています。


いわゆるネガティブと呼ばれる感情は、大抵、誰かや何かがあなたの思い通りにならなかったことで、生じています。


例えば
・あなたの欲しい何かが得られていない
・思いもよらない出来事、事件といったことが生じて、受け入れがたいと感じている
・誰かや何かに、傷つけられた、馬鹿にされた、見下された、利用された、わかってもらえないといった具合に「誰かや何かに自分を認めてもらえていない」と感じる
といった具合です。


だから、いわゆるネガティブと呼ばれる感情は「あなたの中で、何かが満たされていない」というサインなのです。

 

そのサインを拾うことで、自分は満たされていないと気づき、自分を満たす為に必要なものは何なのかを明らかにして、実際にそれを得て、自分を満たせばよいのです。


ありのまま認める×EFTでは、いわゆるネガティブと呼ばれる感情をありのまま認め満たし、折り合いをつけた後に
・「あなたはどうしたいのか、何が欲しかったのか」本心を引き出す
・「欲しいものを得る為に、具体的に何をする必要があるのか」を把握する
・欲しい物を得る為に、実際の行動へと繋げる
・得たものを、次へと繋げる
といった流れで、取り組みを進めています。


この取り組みで、変化が生じたり、実りを得られたりしますし、いわゆるネガティブと呼ばれる感情を抱き続けたり、大きくしたりし続ける必要がなくなります。

ありのまま認める×EFTでスケールを使わない訳・2

仮にあなたが、知らず知らずのうちに本質や特性を抑え込んでいる状態にある場合
・「あなたはどうしたいのか、何が欲しかったのか」本心を引き出せない
・「欲しいものを得る為に、具体的に何をする必要があるのか」がわからない
・欲しい物を得る為に、実際の行動へと繋げられない
・得たものを、次へと繋げられない
ということが起こっています。


いわゆるネガティブと呼ばれる感情を消して、安心したり、落ち着いたり、現状が変わりそうな高揚感、万能感といったものが得られたとしても
・「あなたはどうしたいのか、何が欲しかったのか」本心を引き出す
・「欲しいものを得る為に、具体的に何をする必要があるのか」を把握する
・欲しい物を得る為に、実際の行動へと繋げる
・得たものを、次へと繋げる
といった流れに繋げられなければ、時間の経過と共に、現状が何も変わらないという状態になります。


そこから、またネガティブと呼ばれる感情が湧き出し、それを消す為にEFTをして、安心したり、落ち着いたり、高揚感や万能感が湧く。
でも、必要な行動、対応を何もせず、現状が良いように変わるのをただ待っていて、結局何も変わらない。


ということを繰り返す場合「現状を変えられない自分を責める」という自己否定に繋がりかねません。

 

こういった背景があり、ありのまま認める×EFTでは、スケールは使っておりません。

 

もしあなたが、いわゆるネガティブと呼ばれる感情を消せば、現状が良いように変わる。
いい気分で居続けたら、何もしなくても、欲しいものが得られる。


といったことを漠然と思い描いていて、いわゆるネガティブと呼ばれる感情を消すことだけに意識を向けてEFTをしているのだとしたら、少し注意が必要です。