アイホージュのあれこれ

2017.06.02 自分がどうしたいのかがわからないし、好きなこともやりたいこともわからない

ご無沙汰しております。
あっという間に5月が終わり、6月になりました。


ここ最近、普段の仕事の他に、ブログに掲載している過去のEFT事例記事を読みやすいよう調整したり、ホームページへ移動したりしています。


記事が多いのと長いのとで、まだしばらく作業は続くのですが、お客様から「読みやすくなりました!」というお声を頂いたり、過去の記事を振り返って改めて気づくことがたくさんあったりして、取り組んでよかったと思っています。


少し落ち着いたので、今月は仕事の合間に「アイホージュのあれこれ」と「ブログ更新」を少し頑張る予定です。

             そうよそうよ、もう少しさっさと書きなさいよ!!!  

自分がどうしたいのかがわからないし、好きなこともやりたい事もわからない

今日は、最近のEFTの継続セッションで、複数のクライアントさん達から出ていた話題について書きます。

 

いつも面白いなあと思うのですが「同時期に、複数のクライアントさん達が、同じようなことを話し出す」というのは、よくあることなのです。


今回のネタは
「自分のことが決められない」
「自分がどうしたいのかがわからない」
「好きなことがわからない」
「やりたいことがわからない」


です。

分からなくて当然・・かもしれません

「わかるわかる!私も同じだ!」と思った方がいらっしゃるかもしれません。

 

今回のEFTに拘らず、この話はよく出てきます。


もし、これをお読みくださるあなたが「何で、私は出来ないのだろう。」と思っているのであれば、もしかしたら、小さい頃から現在に至るまで、自分の答えの引き出し方を身に付ける機会がなかったのかもしれません。


継続セッションの方だと、すごくわかりやすいのですが、過去を振り返って色々とお話を伺うと、子供の頃
・ただ、存在するだけで周りから可愛がられていて、それが当然だった
・好き、嫌いに拘らず、「親や周囲から与えられたものをやっていた」
・友達がやっていたから、自分もやっていた
・周囲に褒められたい一心で何かをやっていた
・周囲に怒られないように顔色を窺っていた
といった具合に、自分のことを決めたり、自分がどうしたいのかを引き出したりする場面が皆無で、そのまま大人になった方が結構多いのです。


やったことがない事をやれと言われても、出来るものではありませんし、大人になれば自然にできるというものでもありません。訓練が必要なのです。


この記事の中で、以前の私やクライアントさん達の「共通の躓き」として「本質や特性を発揮しないように、自らを抑え込む」ことを挙げました。


本質や特性を発揮しないように、自ら抑え込むのですから
「自分のことが決められない」
「自分がどうしたいのかがわからない」
「好きなことがわからない」
「やりたいことがわからない」
と感じるのは当然の話です。

 

「本質や特性を発揮しないように、自らを抑え込む」ことを良かれとか、大人になることと教わってきているのだから、自分のことを決めたり、自分がどうしたいのかを引き出したりする状態にはないのです。

やる気スイッチよりも必要なこと

仮に自分のことを決めたり、どうしたいのかがわかったとしても、次の問題が発生します。


決めたこと、やりたいことを実現する術が身に付いていない為、やると決めたけれど、どうしていいのかわからない、だから結局何もできない ということが起きるのです。


やると決めて、頑張ろうと思ったのもつかの間。
興味を失い、やめてしまう。


何故、自分は出来ないのだろうと考えたり、出来ない自分を責めたりした結果
「やる気が出ない。やる気があればできるのに・・」と考え
「どうやったら、やる気が出るのか」
やる気スイッチを探したことがある方は、いらっしゃるでしょうか。


やる気スイッチを探す前に、やることがあります。


それは、あなたの躓きがどこにあるのか「己を知る」ことです。


例えば
1・どれ程やる気があっても、決めたこと、やりたいことを実現する術が身に付いていない
2・やる気はないけれど、決めたこと、やりたいことを実現する術が身に付いている
という場合、それぞれやる必要のあることが違いますよね。

 

1の場合、どれ程やる気に満ちても、やる気だけではどうしようもありません。

 

自分がどうしたいのかを引き出してから、どこに行きたいのかを定めて、必要な行動に落としていく必要があります。

 

文章で書くと、何だそんなことかと思うかもしれませんが、1の状態で、これを実行しようとしても「どうやっていいのかわからない」状態に陥ります。その理由は本日のブログに書きましたので、興味があったらお読みくださいませ。

わからなくても大丈夫!

以前の私も、クライアントさん達と同じように
「自分のことが決められない」
「自分がどうしたいのかがわからない」
「好きなことがわからない」
「やりたいことがわからない」
と思っていましたし、今でもそう思う時が結構あります。


ですが、以前と違うことがあります。


このようなことを思ったとしても、ありのまま認める×EFTを使い、自分の答えの引き出す術と、引き出した答えを現実に繋げる術を身に付けて、実行できるようになったことです。


ありのまま認める×EFTに取り組む以前、私は、様々な情報を集めたことによって
・好きなことをやる
・やりたいことをやる
というと、
・やる気に満ちて、やりたくてやりたくて仕方がない感覚
・ワクワクする感覚
といったものが、自分の中で生まれるはずだと思い込んでいた時期があります。


でも、実際は、全く違っていて、これらの感覚が私の中で生まれることはありませんでした。

 

代わりに生じていたのは、えーやりたくなーい、こわーい、ムリー、めんどくさーい、いやなんですけどーーといった抵抗ばかり。


仮に、この思い込みに従っていたとしたら「想像した感覚(ワクワク)とは全然違うから、これは自分の好きなこと、やりたいことじゃないのだろう」といった判断を下して、未だにアイホージュを立ち上げられないでいたかのかもしれませんし、立ち上げたとしてもすぐに潰してしまったのかもしれません。


結局、抵抗をありのまま認め満たすことで私は
「自分のことが決められない」
「自分がどうしたいのかがわからない」
「好きなことがわからない」
「やりたいことがわからない」
と思っていても、プロセス踏んだら自分から引き出せるし、実行できるからいいやという気楽さを覚える方法を手に入れたのでした。

 

ということで、ありのまま認める×EFTでは
「自分のことが決められない」
「自分がどうしたいのかがわからない」
「好きなことがわからない」
「やりたいことがわからない」
と思っていても、対応策があるので、全然問題ナシです。

 

ただし、面倒なことは一切やりたくないという方には不向きな方法なので、予めご了承くださいませ。

詳細はこちらをクリック