2017.09.08 仕事を辞めたい!!

ありのまま認める×EFTのセッションで、割と伺うことの多い内容に「仕事を辞めたい」というのがあります。


私は、クライアントさんとセッションをする前に、無料相談で、どのような状況にあるのかを伺います。
※クライアントさんの状態によっては、お断りすることもあります。
その場合は、理由を説明しております。


クライアントさんが、どのような状況にあるのか伺うと

  • 楽しくない
  • つらい
  • つまらない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 頑張っているのに評価されない
  • やりがいがない
  • 責任が重くて、プレッシャーが生じている
  • 以前失敗したと思っていることがひっかかっていて、また同じようなことをしてしまうのではないかという心配がある
  • 給料が安い
  • 仕事云々以前に、生きていること自体辛い
  • とにかく辞めたい、何もかもが嫌だ
  • 切羽詰まって辞めることしか考えられない
  • ~ハラを受けている、いじめられている

と言った具合に、様々な訴えが出てきます。


ごくたまに「今の仕事はつまらないから、ワクワクする、楽しい仕事がしたい。でも、何をしたいのかと言われると、これというのはない。」という話が出てくることもあります。


どういった訴えであれ、大抵「生活の為、辞めたくても辞めることができない」という事情が絡んでいます。


私は、無料相談やヒアリングを通じて「クライアントさん達は、何故仕事を辞めたいのか」を探っています。


あるがままにあるという視点で、クライアントさんが
何を思い、何を望んで、どのような行動をして、どんなことを思っているのか。


普段表現されることのない、言葉の意味を把握した上で、ヒアリング内容をぎゅっと繋げて全体の動きを把握すると、大抵の方が

【子供仕様】の対応でうまくいくと思い込んだ状態で、躓いている
【子供仕様】の対応を積み重ねた結果、現在、つらい状態になっている

のです。

 

これは、クライアントさんそのものが問題ではありません。


クライアントさんが、躓きが生じる対応を、うまく行くと思い込んだ状態で、選択することを積み重ねたことが問題です。

【子供仕様】の対応ではうまくいかないと気付いて、【大人仕様】の対応へと立て直す

という作業を積み重ねることで、十分、改善が見込めます。

 

なので、私からは、クライアントさんが、どこでどのように躓いているのかを説明した上で、
「まずは、自己充足して、ご自身を立て直してみて下さい。
辞める・辞めないを決めるのは、それからです。」
とお伝えしています。


辞めるのは簡単ですが、クライアントさんの人生は、この先も続きます。

 

すぐに次の仕事が見つかっている状態なら良いでしょう?と思うかもしれません。


でも【子供仕様】の対応のまま、仕事を辞めた場合、環境を変えた状態で、同じような問題が起こる可能性がとても高いのです。


これは、仕事に限らず、様々な選択をする場面で言えることです。


立て直した後「あの時、辞めなくても良かったな。前の職場の方が、条件が良かった」と悔やんでも、元に戻れることはほとんどないと思います。


辞めてすっきりすると思ったのに、実際に辞めたら後悔ばかりが生じるというのでは、辞めた意味がありません。


そうならない為にも、必要な手を打ちつつ、慎重に選択する必要があります。


ちなみに、セッション前のクライアントさんは
「何となくわかるけれど、実際に対応できるかと聞かれたら出来ない」
「どこがおかしいのかがわからない」
とお話になる通り、私の説明に納得することはほとんどありません。


私は、この段階では、クライアントさんが納得しないのは当然だと思っています。


もし、クライアントさんが、私の説明に納得するようであれば、ご自身の躓きに気づいて適切な手を打てるはずですし、セッションを受ける必要がありません。


この時点では「どこがおかしいのかがわからない」というのがわかっていれば大丈夫なのです。


また、クライアントさんが【子供仕様】で躓いている状態のままでは
・辞めないように説得する
・「こうしてみたら?」という改善案を伝える
というのは、通じません。


クライアントさんを変えられるのは、クライアントさんだけです。


クアイアントさんが、クライアントさんを変える為には、クライアントさん自ら、躓きに気づいて、これではいけないと納得しない限り、立て直しへと繋げることはできないのです。


仮に、私から、クライアントさんへ説得や改善案を伝えて「うん、頑張ってみる」という答えを引き出せたとしても、その答えに実行が伴うのかというとそうではありません。


次の日に、やっぱり無理と言った具合に、ひっくり返ることが多いのです。


ただでさえ、仕事が、職場が嫌なのに、仕事以外のプライベートでも「辞めたい、でも辞めたら生活できない、何とか頑張る、やっぱりもう無理」という、堂々巡りに時間と労力を費やす為、クライアントさんは時間の経過と共に、どんどん疲弊していきます。


【子供仕様】で躓いている場合。
その場を凌ぐ為に、時間・労力・お金・人間関係といったロスの連動が必ず絡んでいます。


仮に転職して、以前より給料が増えたとしても、ロスがその分増えるのです。


わかりやすいのは、ストレス解消という名の買い物ですが、わかりにくい内容でロスが発生していることも多いです。


【子供仕様】の対応では

本当に必要なことをせずに、しなくていいことをする

肝心な時に時間・労力・お金・人間関係が「ない」という状態になる

一発逆転で、現状を変えようとする(でも大抵はうまくいかない)

という傾向が出るのですが、「ロスの連動」が、色々と絡んでいるのが、何となくおわかりになるのではないかと思います。

 

ありのまま認める×EFTでは

・【子供仕様】の対応ではうまくいかないと気付いて、【大人仕様】の対応へと立て直す
・自分には、ロスの連動がどのように生じているのかを把握した上で、必要な手を打ち、ロスを減らしていく

といった取り組みをします。


セッションやお一人での取り組みを積み重ねる過程で、ふと【子供仕様】で捉えていた職場を【大人仕様】で眺めた時「仕事辞める必要ないよね」と気づくかもしれません。


過去のセッションで「仕事を辞める必要がない」という時期を経て、しばらくたってから「やりたいことにチャレンジする為に仕事を辞めます」とお話下さった方や、今の仕事をやるだけやって「もう少し、給料を増やしたい」と思い、転職を考えたり、次の段階へ進んだりした方がいらっしゃいました。


「改めて、生活の為に現状維持すると決めました」という方もいらっしゃいます。

 

【大人仕様】の視点で、今、やる必要があることをやった上で、クライアントさんが納得した状態で選択するのであれば、実際の所何を選択するのかは、さほど重要ではないとお分かりになると思います。