EFTセッションは、女性専用・完全予約制で、ZOOMによるオンラインと、サロンでの対面で行っております。

EFTセッションについて

EFTのセッションは

  • ヒアリング
  • 説明
  • セッション
  • 質疑応答

で構成しています。

初回のみ120分(うちヒアリングが約50分)で、それ以降は1回90(うちヒアリングが約20分)で行います。

ヒアリングについて

ヒアリングでは、セッションで使用する、セットアップフレーズ・リマインダーと呼ばれる言葉を作成するために、クライアントさんから、必要な情報として

  • 現在のお悩み
  • 現時点で、どうしたいのかわからいなりの「この先、どうなりたいのか」

などをお伺いします。

答えたくないことは、お話にならなくて結構です。

私・伊藤は、お話を伺いつつ、クライアントさんが、物事に対処し、うまくいかないと感じる結果に至った時の、視点・思考・感情・言動などの動き(【第一の自分】【第二の自分】)をチェックしています。

このチェックを通じて

  • どこで、どんな躓きが起きているのか
  • 何をする必要があるのか
  • セッションで、どこから手をつけていくか

などを明らかにしていきます。

これらの内容は、クライアントさんに全てお話します。

一回のセッションで、ヒアリングした内容全てに取り組むことはできないため、もし、この先に取り組みを続けるなら、どの位やるのか、目安をお伝えします。

こちらからは、必要な説明や提案は致しますが、無理強いしたり、強引に促すことは一切ありませんので、ご安心ください。

一般的に、EFTタッピングのヒアリングは5-10分程度と言われていますが、当方では、以上の理由から、初回に時間をかけて行っています。

セッションについて

最初のセッションは、「現在の悩みに対し、あなたがどうしたいのかの答え」を引き出し、それに対して、何等かの行動が必要であれば、それを明らかにし、できる範囲で1歩進める状態を作る という内容になると思います。

もしかしたら、この1回で、いったん落ち着くのかもしれません。

なので、まずは1回受けてみて、その後の内容をやるか、やらないかは、クライアントさんがお決めください。

事前相談

現在のあなたの状態に、EFTセッションが合うかどうかを知りたいという場合は、まずはご相談として、どのようなことでお悩みなのかお問い合わせフォームまたはメールで、お送りください。

当方から回答メールを送りますので、それをお読みになり、納得なさってから、セッションにお申込みくださいませ。

料金

初回のセッションのみ、120分15,000円

それ以降は

    • 1回90分・・11,000円
    • 1回90分×3回・・31,500円
    • 6回90分×6回・・60,000円

です。全て税込価格となっております。

お支払い

ペイパル|銀行決済も手数料0円、カードのポイント貯まる|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

 

  • 現金払い
  • 銀行振り込み(ゆうちょ銀行・楽天銀行)
  • Paypalを利用したクレジット払い(1回払いのみ)

の3通りがございます。

対面の場合

現金払いの方は、施術後にお支払いください。

クレジット払いを希望なさる方は、予約メールに「PayPalクレジット希望」とお書きくださいませ。

ご予約が完了した段階で、PayPalの請求書を作成し、メールにてお送り致しますので、事前に支払をお済ませください。

オンラインの場合

クレジットカード払いを希望なさる方は、予約メールに「PayPalクレジット希望」、銀行振込を希望なさる場合は「楽天銀行振込希望」「ゆうちょ銀行振込希望」とお書きくださいませ。

予約が完了した段階で、当方からメールで、振込先のお知らせをいたしますので、事前に支払をお済ませください。

領収書について

現金払いの方には、「EFTセッション代」という但し書きで、領収証を発行しております。

クレジット払い、銀行振り込みの方には、支払いの記録が残るため、基本的に領収書の発行は致しておりませんが、必要な場合は送りしますので、お知らせください。

このEFTタッピングでは、お役に立てない方

このEFTは

  • 自律、自立
  • 自分を生かす
  • 自分と他者の違いを尊重する
  • 主体的に思考し、行動する

などの内容が含まれていて、以下の方のお役に立つことができないため、予めお知らせいたします。

  • 何かある度に占いに行ったり、誰かに正解を求める方
  • 自分で考えずに「これ、どう思いますか」と意見や同意ばかりを求める方
  • ただ話を聞いてほしいという方
  • すぐに思い通りの結果を出したいと焦る方
  • 自分からは動かず、ラクをしてうまくやりたいという方
  • 誰かが何かを変えてくれるという期待を持っている方
  • うつ病、躁うつ病などで、心療内科に通っているか、薬を服用なさっている方
  • 堪える場面で、堪えられない方
  • 弱点を直視できない方

可能な限り、ミスマッチを避けたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。