あなたはこのようなことでお悩みではありませんか

  • 人間関係・仕事・恋愛・結婚・お金・自分が嫌い、自信がないなど、さまざまな悩みや不安を抱えている
  • 悩みを解決したいけれど、考えても堂々巡りをするだけで、結局どうしたらいいのかがわからない
  • 自分がどうしたいのかが、何をしたいのか言葉で表せない
  • 頑張っても報われない
  • うまくいかないのは自分がダメだからだと思っている
  • 解決方法がわかって、頭ではやらなきゃと思うのに心が納得しなくて行動に移せない

これらの悩みは、小さい頃に良かれと身に着けた固定観念で自分を縛り「人からどう思われるか」に沿って頑張り続けた結果、起きているのかもしれません。

もし、そうであるなら。

頑張りが、自分らしく幸せに生きることを阻んでいるとあなたが気づき「自分がどうしたいのか」に沿って軌道修正をする必要があります。

これらの悩みに対応したり、軌道修正をしたりするために使うのが、自律最善タッピングです。

「人からどう思われるか」から「自分がどうしたいか」へ軌道修正する方法

「自律最善タッピング」は、「人からどう思われるか」に沿って頑張り続けた結果、報われないと感じているあなたのネガティブな感情や思考を活かした、シンプルな悩みの解決方法です。

「人からどう思われるか」ではなく「自分がどうしたいのか」に軌道修正をし、自分らしく幸せに生きるために、あらゆる場面で

  • 自分を尊重する(自分を活かす)
  • 自分と他者の違いを尊重する(自分と他者の違いを活かす)

という2つのルールに沿って、あなたのネガティブな感情や思考を活かすという、たった1つの方法を応用し続けます。

アイホージュでは、この方法を「自律」と呼びます。

軌道修正に伴う心理的な負担に配慮した自律最善タッピング

「自律」の方法を使う時には、上半身にあるツボをタッピングしながら、言葉を口に出し、それを耳で聞くという単純な動作を伴わせます。

この動作は、頭と心が納得した状態で前へと進んだり、リスクを考慮した上でチャンスをつかんだりするために使います。

なぜなら、長年に渡り「人からどう思われるか」に沿って行動し続けている場合、「自分がどうしたいのか」への軌道修正に伴う心理的な負担が、とても大きくなるからです。

この負担を考慮せずに「自分がどうしたいのか」に沿って動こうとすると、自らを守るための抵抗が、さまざまな場面で生じます。

その度に、頭ではわかるけれど行動できないと感じ、身動きが取れなくなり、結局元の「人にどう思われるか」に沿って動かざるを得なくなります。

どうしたいのか意思に沿って動けない自分を責め、幸せを阻む悪循環へと陥る。

または、自分がどうしたいのかに沿って動いたけれど、人目が気になったり、罪悪感が生じたり、楽しめなかったりした。

このような経験をなさった方は、案外多いのではないでしょうか。

確実に前へと進み、実りを得て、次へと活かしていくために、アイホージュでは、少し遠回りになりますが、この心理的な負担に配慮した取り組みを行っています。

あなたらしく幸せに生きることを目的に、あらゆる場面で「自律」の方法を「タッピング」の動作を伴わせて使い、「人からどう思われるか」から「自分がどうしたいのか」へと軌道修正し、頭と心が納得した状態で、前へと進む

ので、自律最善タッピングと呼んでいます。

使うほどにあなたらしさが活きる

 

特別な道具は必要ありません。

日々の地道な取り組みの積み重ねがものを言う、根本的かつ現実的で、シンプルなこの方法。

1回で何もかもやることはできませんが、使うほどにあなたらしさが活きます。

あなたが活きると、周りも活きます。

お互いの違いを尊重しながら、発展する方法です。

年を重ねるごとに人生が楽しくなる、今までにない、新しい取り組みです。

頑張っても報われない自分を幸せに導く3つの課題とたった1つの方法