今日の更新記事から【なぜありのまま認めることが難しいのか】

セルフケアサロン・アイホージュの伊藤みつるです。

今日の更新記事は、こちら。

自分らしく幸せに生きるために自分を愛するとは?

トップページの下にあります。

良かったらご覧ください。

ありのまま認めるという言葉にうんざりしていた頃のこと

あなたは、ありのまま認める、という表現に何か思うことがあるでしょうか?

私が、アイホージュを立ち上げる前の、人生が迷宮入りしていた頃のこと。

今の状態を、何とかしたい。

でも、どうしたらいいのかわからない。

そう思いながら、情報を探していた時に

「ただありのまま認めたら良い」

という内容に辿り着いたことが何度かありました。

具体的な方法が書かれてなく、ふんわりとした抽象的な内容を目の当たりにする度に、うんざり・・。

そんな訳で「ありのまま認める」という表現に、抵抗を持っていたのでした。

なのに、その後10数年にわたって、ありのまま認めることに夢中になっているのだから、人生何があるのかわからないものですね。

具体的な方法を知りたい

普段、私はウェブサイトの記事を書く前に、検索ワードをチェックするのですが

  • 自分らしく生きるとは
  • 自分らしく生きるとはどういうことか
  • 自分を愛するとは
  • 自分を愛する どうやって

そういう時、昔の自分を思い出すのです。
トップページに書いたように、細かいことに、いちいち引っかかって、前に進めない。
身動きが取れない。

過去を振り返りながら、できるだけ伝わるように書きたいと思っています。

ただ、知識だけではどうにもならず、体験が必要な場合があります。

例えば、自己犠牲を積み重ねている状態で、言葉を使って、自分の思考や感情を自分でありのまま認め、自問自答を繰り返しても「結局、自分にはどうしようもできない」「うまくできない自分がダメだからだ」に行きつくことがほとんど。

これは視点の違いや、自己犠牲がうまくいくと感じる状態が関係しているので、実は、一人ではどうにもならないこと、なのです。

でも、一回でも「自分で自分をありのまま認める体験をして、言葉と感覚の連動をつかむ」と、「あ、こういうことか」とわかるのです。

そこから「これまでとは別の方法がある」と気づく、と言った具合に、少しずつ物事が前へと進んで行きます。

なので、もうお手上げー--と思ったら、その思いをありのまま認めて「実際に体験してみる」のをオススメします。

お知らせ