自分軸を作るために必要なこと【自分軸教習所の取り組み方】
  • 結局の所、自分軸を作るために必要なことって何?
  • 自分軸を作る時、何に気を付けたらいい?
  • 自分に合うかどうか知りたいから、自分軸教習所の自分軸の作り方の特徴やメリットを知りたい
  • 自分軸で生きるためのトレーニング方法は?

本記事では、このような疑問を解消します!

りんりんりんりん

本記事に記載している内容は、2009年より延べ1,300名様に提供してきた、他人軸から自分軸へ軌道修正するためのセッション内容を細部に渡り言語化・知識化・体系化して作り上げた、自分軸教習所オリジナルコンテンツです。

この記事を読み終えたら自分軸を作るとはどういうことか、おわかりになるはず・・です!

自分軸を作るために必要なこと

他人軸で生きてきた人が、自分軸を作るために必要なこと。

それは

1・自分の意思を扱う際に、内外に広がる問題に手を打ちつつ
2・過去に作った、その人なりの他人軸→子供の自分軸→自分軸 の順でヒト・モノ・コトに対応する方法

を意識的に身につけていくこと、です。

自分軸を作る際の2つの課題

自分軸を作る際には、2つの課題があります。

他人軸で生きている人が、1・自分の意思を扱う時は、反射的に、2・過去に作った、その人なりの他人軸→子供の自分軸→自分軸 の順でヒト・モノ・コトに対応し続けています。

無意識のうちに、周囲の評価と感じる、自分の判断を基準に思考し、行動しています。

その結果、自分の内・外に問題が広がる、負の連鎖が生じる状態にあります。

  1. 内・外に広がる負の連鎖への対応方法
  2. 自分軸の、自分がどうしたいのかに沿って思考し、行動する方法

を身につける必要があるのです。

他人軸で生じる内側の問題とは

内側の問題とは

  • 自信がない
  • 居場所がない
  • 存在価値がない
  • 肯定感が低い
  • 常に相手の顔色を窺っている
  • 周りの目が気になって思うように動けない
  • 断られるのが怖くて人を誘ったり、物事を頼んだりしたくない
  • 自分がどうしたいのかわからない
  • 何年も前のことを思い出してはネガティブな感情や思考が渦巻いている
  • 疲れ切って何もしたくないと感じる

などです。

詳しくは、他人軸をやめられる自分軸の作り方とは?やめられない原因と特徴を徹底解説 で触れていますが、他人軸と子供の自分軸は不自然なので、本来は、やらなくて良いことです。

やらなくて良いことにあなたの時間や労力を費やし、自信や居場所、存在価値、肯定感などを失ったり、傷ついたりする。

人の顔色を窺っては、周囲の評価と感じる自分の判断によって自らを裁いたり、肯定したりを繰り返すうちに、人間関係が嫌になったり、苦しくなったりする。

反対に、周囲の評価を得られていると感じているのは自分だけ。

うまく言っていると思っていたのに、実際は全然違っていた。

このようなことも、他人軸の状態では起こり得るのです。

他人軸で生じる外側の問題とは

外側の問題とは

  • さまざまな人間関係
  • 結婚
  • 子育て
  • 仕事
  • お金

など。

他人軸を積み重ねていると、このような内・外の問題に気を取られるのです。

内・外の問題で一喜一憂するために、あなたの時間や労力、人生を費やすのは本当にもったいないです。

でも、他人軸をやめてもいいのにやめられないのには、自分軸がないという2つ目の課題が絡んでいるのです。

自分軸がないことで生じる問題とは

自分軸がないとは、「自分がどうしたいのか」に沿って意思を扱う方法が身についていないということです。

自分軸とは

ヒト・モノ・コトに対する自分の感覚・感情・思考・言動などを、自己肯定・承認することによって「自分がどうしたいのか」意思を引き出し、必要な行動へと結びつけ、何かしらの結果を得ること。

そのため、あなたの持ち味や良さを

  • うまく活かせず、周囲と自分を比較してしまう
  • 活かしていても、活かせているようには感じられない
  • 活かしても、罪悪感や自分を裁く気持ちが出る
  • 活かそうとして、反射的に周囲からの評価を得ようとする
  • 活かさずに、諦めるよう自らに仕向ける

などの問題が内側で起こります。

A・他人軸の内・外の問題と、B・自分軸がないことによって、このようなことが延々と続くのです。

これでは、あなたがもったいなさすぎです。

自分軸教習所の自分軸の作り方と特徴

自分軸教習所では、他人軸をやめたい大人の女性のための自分軸の作り方をセッションや講座を通じてお伝えしています。

あなたに生じる悩みや問題を題材に、内外に広がる問題に手を打ちつつ
2・過去に作った、その人なりの他人軸→子供の自分軸→自分軸 の順でヒト・モノ・コトに対応する

取り組みを行っています。

【特徴1】他人軸と子供の自分軸をそのまま活かす

ヒト・モノ・コトに対応する際に顔を出す、その人なりの他人軸と子供の自分軸をそのまま活かすという特徴があります。

他人軸も、子供の自分軸も、実際にそれができているかどうかはさておいて、ご自身を守るために使ってきています。

大人になった今は、他人軸や子供の自分軸のやり方ではうまくいかないという結果を以て、自分軸へ軌道修正をするよう自らを促すことで、自身を守ろうとしています。

そのまま活かすことによって、自分を守ろうとする情報の恩恵に預かろうという訳です。

【特徴2】自己肯定・承認という方法にEFTタッピングの手法を掛け合わせる

自分軸教習所では

  • ヒト・モノ・コト(あなたの悩みや問題)に対して生じる、ご自身の感情や思考、言動などを自己肯定・承認(そのまま・ありのまま認める)する方法
  • 感覚・言葉・タッピングを用いるEFTタッピングの手法

2つの方法を掛け合わせています。

特別な道具は必要ありません!!

2つを掛け合わせて使うのには理由があります。

他人軸が根強くありのまま認めるだけでは太刀打ちできない

うまくいくという感覚が伴った、過去に作ったその人なりの他人軸と子供の自分軸は、あまりに根強く、自己肯定・承認(そのまま・ありのまま認める)だけでは太刀打ちできないからです。

例えば、あなたは「ネガティブな自分をありのまま認めて下さい」と言われて、すぐに実践できるでしょうか。

効果や変化を実感できるでしょうか。

頭ではわかるけれど、気持ちがついて行かない。

やってみたけれど、これでいいのだろうか。

ありのまま認めたって、何も変わらない。

このようなことを思われるのではないでしょうか。

視点を変える必要がある

ありのまま認めることに、EFTタッピングの手法を掛け合わせると、あなたが放つ言葉と感覚が連動していることがお分かり頂けると思います。

これにより、外側から内側へと視点を変えられるのです。

周囲の評価と感じる、自分の判断によって、外側のヒト・モノ・コトを思い通りに変えようとする状態から、感情や思考など自らの動きに意識が向けられるようになります。

【特徴3】ネガティブな感情や思考といった内なる情報を活かす

悩みや問題を題材に、ご自身の意識を内側に向けた時、目の当たりにするのは、ネガティブな思考や感情だと思われます。

あなたは、ヒト・モノ・コトに対応した結果

  • うまくいくはずなのにうまくいかず、何かしらの問題や悩みが生じる
  • 頑張っているのにうまくいかない

という経験をなさったことはあるでしょうか。

ジミージミー

このような時は、反射的に、他人軸か子供の自分軸で対応なさっていることがほとんどです!

うまくいかないと感じている時は、いわゆるネガティブな感覚や感情が、あなたの内側で生じているはずです。

この内なる情報が、他人軸→子供の自分軸→自分軸の順で、軌道修正するための鍵を握っています。

【特徴4】2つある自分軸の意思の扱い方を使い続ければ良い

1・自分の意思を尊重する

自らの意思を尊重するという、一つ目の自分軸の意思の扱い方に沿って、ヒト・モノ・コト(問題・悩み)に対して生じる自分のネガティブな感覚・感情を言語化。

言語化したネガティブな感覚・感情を自己肯定・承認し、意識化しながら、EFTタッピングの手法を使って少しずつ掘り下げ

  • 他人軸
  • 子供の自分軸
  • 自分軸

の順で意思を扱います。

ご自身の他人軸→子供の自分軸の動きをそのまま活かしつつ、理解することで、

ネ子ネ子

何だかうまくいかないなあ。どうしてだろう。

と感じる所から、EFTタッピングを使って必要な対応へと結びつけられる状態を、意識的に作っていきます。

自分の意思を尊重している時に起きる「なぜかわからないけれど過去の出来事を思い出す」

ネガティブな感覚に合う言葉を選ぶ。

タッピングをしながら、自分の内側に向けて、肯定・承認する言葉を放ち続ける。

この過程で、すっかり忘れていた、過去の出来事をなぜか思い出すことがあります。

これは、他人軸を形成したきっかけだったり、現状を変えるために必要なヒントだったりします。

必要であれば、自己肯定・承認によって過去の傷を癒したり、後始末をしたりします。

これは頭と心が納得した状態で前に進むために必要なことです。

飛ばさずに、ご自身が納得いくまで、自己肯定・承認することで、あなたにしかわかり得ない思いがけないギフトがもたらされたり、前に進むために必要な材料が揃ったりします。

自分軸の「自分がどうしたいのか」を引き出し、具体的にどのように行動したらいいのかを確認。

行動できる状態を作ったら、ひとまずセッションや講座は終了です。

2・自分と他者の違いを尊重する

日常に戻り、そんなに遠くないうちに、取り組んだ内容を実行する機会が巡ってきます。

その時に、自分を尊重するように、他者の意思を尊重する。必要があれば、互いの合意点を見出し、実行する、という二つ目の自分軸の意思の扱い方を実行し、これまでとは違う結果と、自信を一つ得る。

ここまで来て、一つ自分軸を作ったと言えるのです。

自分軸を作り続けるトレーニング方法

自分軸を作る、一連の取り組みを、ヒト・モノ・コトを変えながら、意識的に積み重ねていきます。

積み重ねによって、あなたの中に物事を客観的に捉える、メタ認知能力が育ちます。

メタ認知能力が育つことで、

1・自分の意思を扱う際に、内外に広がる問題に手を打ちつつ
2・過去に作った、その人なりの他人軸→子供の自分軸→自分軸 の順でヒト・モノ・コトに対応する

ことが、だんだんスムーズになります。

また、2・過去に作った自分なりの他人軸→子供の自分軸がパターン化していて、癖になっているのも、お分かりになるはずです。

何かしら、うまくいかないと感じる時は、この癖が顔を出しているはずです。

ネガティブな感覚・感情を拾い、掘り下げます。

何が起きているのかがわかった上で、必要な対応を取る。

一連の取り組みを積み重ねていくのです。

あなたの癖を理解し、必要な対応が取れるのは、あなただけです。

この取り組みは、積み重ねがものを言います。

ジミージミー

他人軸と子供の自分軸を、日々、積み重ねて根強くしてきたのと同じ原理です!

自分軸を作るトレーニングを積み重ねることで得られるメリット

個人差がありますが、自分軸を作るトレーニングを積み重ねることで得られるメリットは

  • 事実と感情の区別がつけられるようになる
  • 周囲の評価と感じる自分の判断を自己肯定・承認によって満たせるようになる
  • 他者に評価を求める動きを阻止することができるようになる
  • 不安や恐怖を埋めるための行動をせずに済む
  • 早い段階で必要な手を打てるので、不要なトラブルを引き起こさずに済む
  • トラブルが生じても、適切な対応が取れるようになる
  • 自分がどうしたいのかわからなくても、他人軸・子供の自分軸・自分軸3つの「どうしたいのか」を引き出せるようになる
  • 過去のいら立ちや後悔を学びや原動力に変えられる
  • 過去の傷を癒したり、後始末をしたりすることができるようになる
  • グルグル思考に手を打てるようになる
  • 人に話すのを憚られるような内容に、一人でアプローチできる
  • 比較対象が過去の自分になるため、周囲の誰かと自分を比べなくなる
  • 絶妙なタイミングで、必要な体験を得られるようになる
  • 主体的に考え、自分がどうしたいのかわかって行動するようになるので、結果的に運が良くなる
  • 自分軸の意思を扱い続けることが、自分らしさになる
  • 一つ自分軸を作るごとに対応スキルや自信・居場所・存在価値・肯定感などを一つずつ積み上げられる
  • 自分と他者の違いを尊重することで、境界線を築いた、心地よい人間関係を育めるようになる
  • パートナーとの関係が良好になる
  • 自分の心の内を深く掘り下げられるようになる
  • 年を重ねるごとに人生が興味深く、楽しくなる

自分軸の自分がどうしたいのかに沿って思考し、行動することが、最善につながる。

うまくいかない時はうまくいかない理由がある。

これらが実感できるようになる頃には

  • 自分の内側に生じるネガティブと呼ばれる感情や思考は、どこまでも自己肯定・承認していけば良いこと
  • 人間の頭で考える「良い内容」に置き換える必要がないこと

がお分かりになると思います。