自分が会社を退職した理由を21年後に知って驚いた話【1】

セルフケアサロン・アイホージュの伊藤みつるです。

自律タッピング(旧EFTタッピング)を通じて、自分の思考や感情をありのまま認め続ける過程で「知らない自分を知る」機会が、たくさんあります。

今日は、21年前に、会社を退職した理由が今になって明らかになり、これが、タッピングの取り組みへとつながっていたという、自分が驚いた話その1を紹介します。

あなたは、会社を辞めたいと思ったことはありますか?

私?
もちろん、何度もありましたよ。

それでも、新卒で入った会社に対し、育てて頂いた恩義があります。

楽しいこともたくさんありましたし、同期や職場の対人関係にも恵まれ、あの会社に入って良かったと心から思っています。

じゃあ、何で辞めているの?って話ですよね。

自覚していた退職理由

1999年、28歳、秋のこと。

ふと「あと10年同じことを続けるとしたら?」と思い浮かび、自問したら「無理だ」という答えが出ました。

なぜかわからないけれど、その時は、当たり前のように「無理なら辞めなければいけない」と思ったのです。

でも、やりたいことや好きなことがある訳でもない。

そこから1か月くらい、ノートにあれこれ書いて、「推拿を学ぶ」に至りました。

だけれど、私は、どうしても推拿をやりたかった訳ではないのです。

推拿を学ぶと決めたものの、「できれば揉んでもらいたい」とノートに書いたのを今でも覚えています。

無自覚のうちに私が求めていたものを違和感から引き出す

ある日、人事部の上司が青森に来ました。

辞めることを話したら
「営業にさせられなくてごめん」
と言われたのです。

え?私、営業になりたいなんてこれっぽちも思っていないんだけれど・・?

口には出しませんでしたが、上司の予想外の反応に対し驚いた私。

「自分の言葉や説明が足りなかったんだろうか」という所に、ひとまず落ち着いたのでした。

実は私、上司に何を話したのか、全然内容を覚えていません。

なのに、上司の反応に対する違和感は、ずっと抱き続けていました。

「確かに、営業にはなりたいとは思っていなかったけれど、じゃあ、私、何をしたかったんだろう」

全く言葉にならない「何か」があり、思い出す度に「私は何がしたかったんだろう」と自問していたのです。

無自覚のうちに私がもとめていたもの

人間って、抱いた疑問の答えを、無自覚のうちに探し続けるんですよね。

その「何か」が、つい先日、やっと明らかになりました。

私は「男尊女卑」でも「女尊男卑」でもなく、性別に関係なく「自分と他者の違いを尊重する」ことを求めていたのです。

ここに、私が勤めていた会社の事情が絡んでいます。

在籍していた頃は、当時
男性=営業・技術職
女性=事務
と決まっていました。

私にとって「営業になる」とは、男性に従う女性から、女性を従わせる男性の立場に変わるだけ。

つまり、自己犠牲自体は変わらないという意味だったのです。

例えば、女性が働いて、男性が家に入る としたら、どうでしょう。

自己犠牲を積み重ねていた私は
「誰のおかげで生活できると思っているんだ、飯を食っているんだ。」
「私の稼いだお金で好きなことをやって何が悪い」
「何やってんだよ、ちゃんとやれ」
なんて、モラハラ発言しちゃいそうだなあ、なんて思ったのです。

性別による役割に対して

性別で役割が決まっていたことに対して、私は「そういうものだ」と思っていました。

会社に勤め始めたのは1992年。

学校の掲示板に貼られていた「大手企業の求人票」の採用条件には「自宅通勤」と書かれてあるものが結構ありました。

私の勤めた会社も、そうでした。

詳細は書きませんが、入社前の研修で、この件について人事から説明があったのを覚えています。

地方の女子短大卒で一般職の私にとって、1986年に施行された、男女雇用機会均等法は「大都市圏や雑誌に書かれている話」であり、自分とは別世界のこと、だったのです。

ただ、同じ学校を卒業して、現在役職付きの友人もいるので、これは私に限っての話。

当時は「大手に入ると安泰」という風潮がありました。

私は、未来のキャリアを何一つ考えることなく、母から「これから景気が悪くなるから」と促され、とりあえず就職したに過ぎません。

「女性は結婚したら退職する」という風潮が強かったという時代背景も絡んでいますが、女性も営業になれるよう会社を変えたいとか、世の中を変えたいとか、考えたことすらありません。

私を突き動かしていたもの

それでも、最後のバブル入社で、翌年からは就職氷河期が始まるという、たった「一年」の違いによる、線引きを目の当たりにしたこと。

「あと10年(勤続20年)同じことを続けた場合、〇年目の営業男性と同じ等級になる」

入社一年目に知った「大きな差」が、無自覚のうちに私を突き動かしていました。

次回に続きます。