自分を変えたい女性のための自分を変えるたった一つの方法

幸せに生きることを目的に自分を変えるたった1つの方法

アイホージュの伊藤みつるです。

私は2009年に、女性専用のリラクゼーションサロンを立ち上ました。

それに伴い、変化の再現性はあると判断した上で、EFTタッピング(現・自律最善タッピング)の提供を開始しました。

EFTタッピングは提供者によって、目的も中身もさまざま。

アイホージュでは、あなたが自分らしく、幸せに生きることを目的に、「人からどう思われるか」から「自分がどうしたいのか」への軌道修正を行っています。

軌道修正をするために、あなたのネガティブな感情や思考を活かす(ありのまま認める)という、たった1つの方法を日常のあらゆる場面で応用します。

この方法を使って、軌道修正や変化に伴う、あなたの心理的な負担に対応しながら

  1. 自分を尊重する(自分を活かす)
  2. 自分と他者の違いを尊重する(自分と他者の違いを活かす)

という2つのルールに沿って必要な行動を取り、実りを得て、次へとつなげていきます。

これが、自分らしく幸せに生きるために、あなたが身に着ける必要のあることです。

つまり、自律最善タッピングとは

自分を変えたいと思う女性が

自分らしく幸せに生きることを目的に

たった一つの方法を、あらゆる場面で応用し、

「人からどう思われるか」から「自分がどうしたいのか」へと軌道修正をしながら

少しずつ自分を変えていく、実践的な取り組み

ということ。

今回の記事では、私がどのように自律最善タッピングへと辿り着いたのか、変化の過程を兼ねた自己紹介をします。

あなたに、自律最善タッピングが必要かどうか。

この記事が、1つの判断材料になるのではないかと思ったからです。

自分を変えるきっかけ

話は2007年、前年に起きた過失のない追突事故の後始末に、私が着手し始めた頃へとさかのぼります。

事故を機に、私はなかなか自分を立て直せないと感じる状態にありました。

この先はどうなるのか、何をしたらいいのか、ちっともわからない。

それでも納得を得て、事故の後始末を終えたいと思っていました。

私が納得を求めていたのには、理由があります。

過去を振り返った時に、この先で何かをやろうとする度に、事故に遭ったことを言い訳にし、やらずに逃げる自分の姿が思い浮かんだから。

言い訳をしてやらずに逃げるとは、別な表現で表すと、自分の意思を表に出さずに、周りとうまくやる方法を身に着けたために、意思を必要な行動へと結び付けられない ということ。

つまり私にとって、納得を得て終えたいとは

自分の意思を表に出さずに周りとうまくやる方法を身に着けている今の状態から、自分の意思を必要な行動へと結びつけて、納得を得たい

そのために「人からどう思われるか」から「自分がどうしたいのか」への軌道修正が必要だ

ということを意味していたのです。

これが、現状や自分を変えるために必要なこと、でした。

もちろん、当時は知る由もありません。

自分を変えるためには自分がどうしたいのかが大切というけれど

「自分がどうしたいのかが大切。あなたはどうしたいですか。」と聞かれたら、あなたはすぐに答えられるでしょうか。

私はわからないと感じるばかりで、答えられませんでした。

でも「納得を得て終えたい」は、「~したい」という私の意思であり、願いでもあります。

なのに、当時の私は、これを意思とも、願いとも認識していませんでした。

なぜなら、私の中では

  • 意思とは、確固たる感覚はあるけれど、人の言動に合わせて変えるもの
  • 願いとは、楽しい、良いことが起きるといった高揚した感覚が伴うもの
  • 納得とは、自分にとって譲れない感覚が伴うもの

それぞれ別な感覚が伴っていて、まったく違う扱いになっていたからです。

自分がどうしたいのかがわかっても現状を変えることには結びつけられない

仮に、自分がどうしたいのかがわかっても、これを現状を変えることへは結びつけられませんでした。

なぜなら、私は

納得したいという意思があるのにも関わらず、自分がどうしたいのかがわからないと感じる

納得したいという意思があっても、どうすればいいのかわからないし、行動に結びつける術もないので、身動きがとれない

身動きが取れない状態から、抜ける術がない

術がないため悩み続け、堂々巡りをし、うまくいかないのは自分がダメだからと責める

という悪循環に陥っていて、1人でどうのこうのできる状態にはなかったからです。

誰かの助けが必要でした。

でも、私は何に困っているのか。

何から話せばいいのか。

何を話したらいいのか。

一から話そうとすると長くなるし、端折るにしてもどこから言えばいいのか。

誰かに相談する以前の段階でつまづいていたのでした。

医師の助けを得てゆるやかに変わり始める

事故から半年以上経過した頃、治療で精神科の医師に話を聞いてもらう機会がありました。

「あなたはたくさんの悩みを抱えているのに、何一つ片付いていなくて、それが不安となっているのですね」

「そうだ、私はたくさん悩みを抱えていて、それが何も片付いていないから、不安なんだ」

それまで言い表せなかった自分の内側を、医師が適切な言葉で説明して下さったおかげで、まだ何も解決していないというのにすごく落ち着いたことを覚えています。

自分を理解するためには、思っていることや感じていることを適切な言葉に表し、自覚することが大切だ。

少し明かりが見えたような気がしました。

でも、何度かカウンセリングを受けるうちに「あれもこれも言いたいけれどいつも話したりたい」という不満を覚えるようになります。

口をつぐんでいた頃に比べて、ずいぶん回復し、変化していたからこその不満です。

でも、回復や変化の自覚は全くありませんでした。

なぜなら、回復という表現に対し「何の悩みもなくはつらつな自分」といった感じの勝手なる思い込みがあり、これと現状とがかけ離れていたからです。

医師もカウンセラーもたまったものじゃありませんね。

自分を変えるためには人の助けが必要だと自覚するまでの話

まだ誰かの助けが必要だと自覚していなかった私が、現状を変えるために最初にやったことがあります。

それは、類似の事故事例に、自分の状況を当てはめること。

比較によって、何かしらのきっかけがつかめるのではないか。

そう期待していたのですが、実際はうまくいきませんでした。

ここで、人の事例に自分を当てはめたり、人と自分の事故を比較したりすること自体ちがうのだと気づきました。

この後、納得を得ようにも、事故に関する知識がまったくないという理由から、他者の助けが必要だと思うようになります。

助けは、誰でも良かった訳ではありません。

私が求める、納得を得られるかどうか。

これを基準に、存在しているかどうかもわからない、自分に合う人を探し始めました。

そうして私は「被害者も勉強をして、実りある終わりを」といった感じの内容を謳う、助っ人に辿り着きます。

集めた情報が悩みの解決に結びつかず変化が得られないことが吉となる

ぼんやりとした不安や恐怖を抱えたまま、約1年に渡る心身の治療を終えた頃のこと。

治療に集中するという大義名分がなくなった私は、何も片付いていない現実に、直視せざるを得なくなりました。

私の悩み。

それは、なぜかわからないけれど集めた情報が、悩みの解決へと結びつかないということ。

そもそも、自分の意思を必要な行動へと結び付けられない状態にあるのだから、そう感じるのは当然な話。

ここで「集めた情報が悩みの解決へと結びつかない」と自覚したことで、1歩前進です。

でも、前進したとは、全然感じませんでした。

自分の違和感を認めることが欲しいものへとつながっていく

例えば、笑顔やポジティブにふるまえば良いといった類の情報。

私にとっては内面が置いてきぼりになる、表面的と感じるものでした。

感謝の気持ちを持てばうまくいくといった、私にとっては断片的で、解決に直結しないと感じる情報。

以前はドン底だったけれど、今はこんなに変わったという情報。

私は、ドン底と変化の「間」に何があるのかを知りたかったのです。

でも、具体的に触れている記事はありませんでした。

すごい経歴の持ち主の「私にもできたのだからあなたにもできる」という、立ち位置が違い過ぎると感じる情報。

「ありのまま認めたらいいんだよ」という、抽象的で具体的に何をしたらいいのか、わからないと感じる情報。

「問題解決」と書かれた、MBAを取った、スケールが違い過ぎると感じるの本。

自分がどうしたいのかが大切とあっても、そもそも、どうしたいのかがわからず、その時点でつまづきを覚える情報

願いがかなうことをイメージし、一切疑わず、何もせずに、ただ待っていれば実現するといった、どのような仕組みで、それが可能になるのか、根拠が見えない情報。

このような形で、願いが叶い、何かを手にすることは、本当に自分のためになるのか。

どんな意味があるのだろうか。

他にも、人とうまくやる100のテクニックのような、全てを覚えて実行するなんて無理と感じる内容。

など、私の中で生まれた、さまざまな違和感や疑問をまとめたものが、「人間に取扱説明書があるとしたら、それはどういう内容だろう」

人間に取扱説明書があるとしたらどんな内容だろう

私は、根本的かつ現実的で、シンプルな解決方法を求めていました。

人間の取扱説明書といっても、特別な人だけが使える秘儀でもなければ、小難しい内容でもなく「私という、一般の一個人が生きていく上で、押さえる必要のある基本って何だろう。」というもの。

さまざまな情報を目の前に、あれもこれも全てができるようにならなければ、現状が変えられないような気がして焦ると同時に、基本を押さえていたら、あれこれテクニックを集めなくてもいいのではないかと感じたのです。

でも、それは一体何なのだろう。
探そうにも、どうやったらいいのだろう。
結局答えは、見つからないまま。

と感じていたのですが、実は、これらの疑問を抱く数か月前から、私は自覚がないまま、答えを探す取り組みを開始していたのです。

今までのやり方ではダメだと気づいて自分を変える

納得が得られる事故の解決を求めていた私は、自ら探し当てた助っ人とのやり取りを土台に、2年以上に渡り、目の前の出来事に対応し続けました。

これが、答えを探す取り組みだったのです。

助っ人から、最初の緊急指示が出た時のことです。

私は「やりたくない」と答えました。

この時、助っ人に対し、何も言わなくても、こちらの気持ちを汲んで、面倒ごとを避けて、いい結果が得られるよう、都合よく配慮してほしいと、ぼんやり期待していたのでした。

ところが、助っ人からは「やりたくなければやらなければいい。それはあなたの問題で、私の問題じゃない。」と返ってきて、頭を殴られたような衝撃を受けました。

「今までのやり方ではダメなんだ。」

ものすごくバツの悪い思いをしましたが、これが「人からどう思われるか」から「自分がどうしたいのか」の軌道修正のきっかけとなりました。

とはいえ、そんなことはまだ知りません。

受けた衝撃の大きさに私は、納得を得るために、助っ人を選出したのだから、指示されたことは全部やると決めたのです。

これにより、私は、自分の意思を表に出さずに、周りとうまくやる方法を変えることになったのです。

もし、助っ人の言葉に傷つき、もっともらしい言い訳をして、必要なことをやらずに逃げたとしたら。

「こんなに酷い目にあったのだから、自分の思いをわかってもらえて当然。

いつか誰かが、自分の良いように何とかしてくれるはず。」

という根拠のない期待と「何ともならないんじゃないか」という不安を行き来しながら、タイムリミットを迎え「こんなはずじゃなかった」と今も悔やんでいたのではないでしょうか。

自覚なく人間の取扱説明書を実践しながら少しずつ自分を変える日々

助っ人からはよく「あなたはどうしたいのですか。あなたが、やりたいようにやればいい」と言われていました。

その度に私は、どうしたいのかわからないと感じたまま、何とか答えをひねり出し、助っ人とのやり取りを実際の行動へと結びつけていました。

これにより私は知らず知らずのうちに、現在、自律最善タッピングで使っている

  1. 自分を尊重する(自分を活かす)
  2. 自分と他者の違いを尊重する(自分と他者の違いを活かす)

という2つのルールに沿って必要な行動を取り、実りを得て、次へとつなげていたのです。

納得が得られる終わりへと向かって、この方法を使う度に

  • 必要な術
  • 経験を通じての学び
  • 結果や実り

などを得ていたのでした。

知識も、変化の自覚もないまま、経験だけが先行している状態でした。

生まれたばかりの子が立ち上がったら、それで終わりではないように、自分の意思を活かす場合も、次、次と小さく成長を重ねながら、対応のハードルが少しずつ上がっていきます。

これまで得てきたものを活かして次につなげることを、2年以上に渡り積み重ねた私は、ついに納得のいく終わりを迎えました。

変化の合図を受け取った日

被害者の立場を終える日の朝のことです。

「サロンを立ち上げたい」
という思いが、私の中から自然と浮かんできました。

この思いが「自分の意思を活かした対応や経験、結果から得た学びの積み重ね」が私の中で満ちた合図だということをこの時は知る由もありません。

事故に遭ったのを機に、サロンの立ち上げを諦めていたので、いつも通り「無理だって」とかき消そうとした、その時

  • 納得して後始末を終えたい
  • サロンを立ち上げたい

という思いに伴う、私の内側の感覚が同じだと気づきました。

ひたすら納得の感覚を追いかけて、終わりを迎えたのなら、この感覚をどこまでも追いかけたらサロンは立ち上がるはず。

そう思い、やることに決めたのでした。

この日は、多幸感や高揚感に満ちていました。

でも、日が経つにつれて、これらは憂うつな気持ちへと変わっていったのです。

ネガティブな思いが生みだした自分を変えるための強い味方

納得の感覚を追いかけるということは、また、あの苦しい日々が始まるのか。

事故の後始末の時の同じように、よくわからないとかこれでいいのかと感じたまま、自分の意思を何とか引っ張りだして、怖いとかやりたくないとかびくびくしながら、行動していくのか。

これが、自分の意思を表に出さずに、周りとうまくやる方法を良かれと思いこみ、長年に渡り使い続けた私に起きていた問題であり、自律最善タッピングをお受け下さるクライアントさんに起きている問題でもあります。

この状態のまま、サロンを立ち上げるのは得策ではないと思いました。

なぜなら、自らの意思を活かそうとすると抵抗を覚えるので、思考や感情の面で消耗が激しくなる。

自らの意思に沿って行動することを負担に感じて、元のうまくいかないやり方へ戻ろうとする。

心理的な負担によって、アクセルとブレーキを同時に踏むようなことが起きるからです。

ただでさえ悲観的でビビりなのに、こんな状態が毎日が続くのには耐えられない。

そう思った私が、後に着手することになるのが、EFTタッピング(自律最善タッピング)。

目の前の出来事に対して生じる、ネガティブな思考や感情をありのまま認めることで、頭と心が納得した上で、自分の意思を活かす、だった訳です。