この話は

再びお金がない!【EFTセッション事例】

からの続きです。

リボ払いと車の問題をどうにかしたい

しばらくお金のコントロールをした後に行った、NさんのEFTセッションでのこと。

リボ払いの利息がもったいないと思ったのですが、Nさんに残一括する余裕はありません。

加えて、今乗っている車が古くなり、買い替えが必要な状態で車検が近づいていました。

買うか、車検を通してもう1年頑張るか。

当時、Nさんは買う方へと傾いていました。

自分の意志を生かしてうまくいかない時はうまくいかなくていい理由がある

金銭の関係から中古を考えていたのですが、特につてがないとのことだったので、私の知人に聞いてみようかという話になり、電話をかけました。

ところが、こちらには何の落ち度も関係もない、先方の事情で断られストップがかかったのです。

あ、何かあるのかもしれない。

後でストップがかかった理由がわかるだろうと言いつつ、いったん車の話は保留にしました。

お金の問題を改善するための具体的な提案

さて、どうしたものかと考えた時、私の中で1つの案が浮かびました。

「お父様からお金を借りることはできますか」

私は、前の彼との時も、同じことを聞いています。

「父が嫌いで、死ぬまで会うつもりはない(ので無理)です」という前と同じ答えが返ってきました。

Nさん曰く、お父様は、彼女の話す内容が気に入らないと大声で怒鳴り、屁理屈で筋の通らない話をしてねじ伏せようとするとのこと。

外面ばかり良くて、家族を大事にしない。

体裁を保つために親戚たちに、「親戚が嫌だから帰ってこない」と言って回っているのがすごく嫌だと感じていました。

人それぞれ家の事情があり、条件も異なります。

距離を置いた方がいい親御さんもいらっしゃいますし、この方法は誰にでもできることではありませんが、Nさんの場合は一考の余地ありと私は判断しました。

お父様からお金を借りる提案をNさんにした理由

理由は3つ。

1つは、彼女の訴えが「事実と感情」「事実と想像」が混ぜこぜになっていて、誰かに自分を認めてもらえたと感じることで安心・安全を求める自己犠牲の動きが見えたから。

本当に、私の事を大切に思うならば、お父さんは、私の話す内容が気に入らなくても、いったんは話す内容を黙って聞いてくれるはずなのに、そうしてもらえず、私をねじ伏せようとする。

私は、お父さんの外面を保つ為の存在であり、大事にされていないと感じるから、お父さんが嫌いだ。

彼女がそう感じているのはわかりましたが、事実かどうかは別な話ですし、Nさんの状態が、お二人の関係を悪化させている可能性があるので、EFTをして様子を見た方がいいと判断しました。

もう1つは、確かにお父様は、彼女が嫌だと感じる態度を取ってはいるのですが、それには理由があるはず。

Nさんの発言から、お父様には「Nさんを幸せにしない前のパートナーの姿が見えていた」のが読み取れるのです。

大切な娘を幸せにできないとわかっている男に、みすみす渡してたまるかという所から来ている発言かもしれない。

それからもう1つ。

決していい良いとは言えませんが、お父様の年代だと「家長」として家族のために働いてきた自分を認めさせるために、上記の振る舞いをなさっている可能性があること。

これらは全て私の仮説に過ぎません。

でも、EFTタッピングを通じて、Nさんの内側に原動力を生み出し、今までとは違う対応をしたら、周囲の反応も、話も違ってくるのではないかと考えました。

以前のパートナーと一緒になりたいと思っていた頃と、彼と別れた現在とでは、Nさんの物事の捉え方も違うでしょうから、1回ダメもとでお金を借りる話をし、お父様の反応をみてから「この先、死ぬまで会わない」かどうかを決めてもいいのではないかと思ったのです。

ただ、これは、あくまで私の提案に過ぎません。

「お金を貸してほしい」と伝えることに納得した上で実行するかどうかは、Nさんがお決めになることです。

私から言われたまま動いてしまうと、Nさんは、以前と同じパターンにはまってしまうので、それは避ける必要がありました。

ということで「父が嫌いで、死ぬまで会うつもりはない」という状態のまま、「お金が苦手」というEFTを開始しました。

この話は

EFTタッピングで借金を返せない理由を知る

へ続きます。