一個人として幸せに生きるためのEFTタッピングの記事で、アイホージュでは、感情開放に留まらず、悩みを根本解決しつつ、自律的な生き方を身に着けることを目的に、EFTタッピングの手法を使うと書きました。

この内容に至るきっかけを得たのは、2009年。

EFTのセッション中に、クライアントさんが「感情開放をしても、私の問題は何も変わらない」といった趣旨の発言をなさったのです。

アイホージュでは、思ったことをそのまま話してくださいってお伝えしているので、ひとまず何でもアリなのですが、その衝撃たるや・・。

でも、そのおかげて、現在の内容に至ったのですから、クライアントさんには感謝しかありません。

その節はありがとうございました!

アイホージュのEFTタッピングの基本

当時の私は「アイホージュを立ち上げる」という、自分の内側から湧いた意志に伴う

  • 怖い
  • 不安
  • やると決めたはいいけれど、動けない
  • やると決めたはいいけれど、やりたくないという抵抗
  • 人に指を差されるんじゃないか

などの思いを、EFTの手法を使って、ありのまま認め、頭と心が納得した状態で物事を1つずつ前へと進めた経験から

自分の思考や感情を、ありのまま認め満たすように、クライアントさんが、クライアントさんの思考や感情をありのまま認め満たしたら、変化の再現性はある。

という前提のもと、セッションの提供を提供をしていました。

これは今も変わりません。

感情開放をしても自分の問題は何も変わらない

その日のセッションが終わりに近づいてきた頃。

クライアントさんから、このような訴えがありました。

ネガティブな感情や思考を、ありのまま認めたら、気持ちよいことはわかった。

過去の問題が、現在に反映しているのもわかった。

でも、今、私が抱えている問題は、何も変わっていない。

このままセッションが終わってしまったら、結局私は、今までと同じことでぐるぐる回ってしまう。

そのことで胸を痛めていたのを知り、私は、どうしたらいいのだろうと思いましたが、良い案が浮かぶ訳でもなく・・。

苦し紛れではあったのですが、ひとまず、クライアントさんの仰る問題が何なのかを伺うことにしたのです。

具体的な内容は触れませんが、お話を聞いているうちに、何が問題で、どう解決したらいいのかが見えてきました。

クライアントさんの問題

大切な人とのやり取りにおいて、クライアントさんが伝えたいと思っていることと、実際に、お相手へ伝えている内容が全く違っていたのです。

だから、クライアントさんが求めているものを、お相手は差し出せないし、クライアントさんも受け取れない。

恐らく、クライアントさんがお相手に伝わるように話をしたら、お相手は喜んでクライアントさんが求めることをするはず、というのが、私の判断でした。

嬉々として、これをクライアントさんに話したのですが

「私は、ちゃんと伝えている。」

と返ってきて、全然納得していない様子が伺えます。

しかも、私が提案した、お相手に話す内容は、外側に意識を向けているクライアントさんにとっては「言えない」と感じるものでした。

ご本人が言っていると感じているままでは、行動を変えるのは難しいです。

頭ではわかるけれど、心がついてこないから納得せずに動けない。

頭も心も納得しないから、動かない。

これは、出来事は違えど、私もさんざん経験してきたことでした。

行動を変えるために必要なこと

仮に、クライアントさんに解決方法だけを伝えて、とにかくやってみてと説得した所で、1回だけは何とかなっても、その先が続かなくて、また同じことで悩み続けるだろう。

だから、クライアントさんの頭と心が納得した状態を作り、ご自身の意志で言動を変えられるように、EFTタッピングを使おうと思いました。

クライアントさんの視点や思考が変わり、言動が変われば、得られる結果も変わるのですから。

行動と結果を変えるためのEFTタッピング

まずは、「ちゃんと伝えているという内容が、実は伝わっていない」と、クライアントさんが自ら気づけるように、セットアップフレーズやリマインダーと呼ばれる言葉を作成しました。

これが、自律によって行う「根本から問題を解決」の部分です。

自ら気づく、がポイントです。

どれだけ人に説明を受けたところで、ご本人が納得しなければ、新しい行動にはつなげられないですから。

そうしたら、途中でクライアントさんが笑いながら「あ、私、言っていないですね!!」と言い出したので、次の課題に着手。

「言えない」と感じている内容を「伝えても大丈夫」これまた頭と心の両方が納得した状態へと持っていくEFTをした所、クライアントさんから「もう言えます」と返ってきたので、セッションを終了しました。

これが、自律による、願望実現の準備です。

後日、クライアントさんから、求めていたものをたくさん得たという喜びのメールを頂きました。

私が胸をなでおろしたのは、言うまでもありません。

翌日、出来事は全く違うのに、同じつまづきが生じていたクライアントさんのセッションがありました。

前日の取り組み内容が、翌日のセッションで、多いに役に立ったのです。

クライアントさん同士が顔を合わせることはなくても、バトンでつながっているような感覚を私はいつも覚えるのですが、この時は、いつも以上にそう思いました。

同じつまづきが何を意味するのかを追いかけて

駆け出したばかりの私は、EFTタッピングを使うことによって変化が先行する中で、自分やクライアントさんに生じる「同じつまづき」が何なのか、それが何を意味しているのかなどを知りたいと思っていました。

だから、仮説を立ててセットアップフレーズを作成し、実際にEFTをする。

日常にお戻りになったクライアントさんが、EFTで取り組んだ内容をもとに、新しい行動を取れたのか、取れなかったのか。

取れなかった場合は、なぜ取れなかったのか。

得られた結果はどうだったのか。

新しい結果を得て、クライアントさんが何を感じているのか。

こういった内容を1つ1つ追いかけながら、仮説と実行と検証を繰り返し、経験や知識、対策などを蓄積しながら、いくつかの表現を経て「同じつまづき」が「自己犠牲」という言葉に落ち着くのは、10年以上も後の話です。

自己犠牲は、主に3タイプに分かれると気づくきっかけを得た頃。

私は、「このままセッションが終わってしまったら、結局私は、今までと同じことでぐるぐる回ってしまう。」とお話になっていたクライアントさんと偶然に再会をし、言葉を交わす機会を得ました。

お互いに、何を話したかはここでは触れませんが、とてもいい時間でした。

その時の私は、10年以上に渡り、EFTタッピングに取り組みを続けたことで知り得た内容を、ウェブサイトに掲載するために、どのようにまとめていくかを悩んでいたのですが、あの時間がもたらされたことによって、とっかかりがつかめたように思いました。

ここにもバトンあり!ですね。

ありのまま認め続けるこの先に何があるのかを見てみたい

アイホージュを立ち上げた、2009年。

私は、EFTタッピングを使った自分の変化があまりに面白かったから、ありのまま認め続けるこの先に何があるのかを見てみたいと思っていました。

その先にあったものが、悩みを根本解決しつつ、自律的な生き方を身に着け、自分の意志に沿って前に進んでいく、自分に合った方法であり、それが、人間として幸せに生きるために、周りの人との違いを尊重して、互いに繁栄していくために使うものだと頭と心で納得した時に、ここまで踏ん張ってきてよかったなあと思ったのです。

だって、10年以上もかけることになるなんて、始めた頃は、思いもしなかったんですもの。

知らなかったから、できたこと、なんですよね。

頭ではわかるけれど動けない。

やることがわかっても動けない。

何をしたらいいのかも、どうしたらいいのかもわからない。

そう思う時は、クライアントさん達がつないできた、無数のバトンが活きている、アイホージュのEFTタッピングを試してみてはいかがでしょうか。