自律最善タッピングセッション事例・何でも反対する旦那への対処法

セルフケアサロン・アイホージュの伊藤みつるです。

今日は、自律最善タッピングセッション事例・夫のモラハラ対処法【6】の続きです。

とりあえず旦那との離婚は今のタイミングではないと思って、関係改善を目指したら離婚回避になったけど、Rさんみたいに数年後とかだと続いてる自信ないな…というのが正直な気持ちです

最近も子供のアパートを決めるのに大変でした!

寮に入れたいと言えばアパートの方が安いから、寮の空きがないからアパートにと言えば別系列の寮を探し、子供が
ここが良いと言えば日当たりや間取りが悪いとか、次々と反対ばかり…

何か相談しても、相談されても分からないから聞くな!と言われ、これに決めたと、報告すると、ここがダメ、納得出来ない!って、また調べ直し…の二度手間ばかり。

職場でも上司の態度が威圧的で…

教えてもらった、旦那(他人)を尊重しつつ、ありのままの自分を認める!

自分を押し殺さない!をトントン(自律最善タッピング)したら、あっさり2人とも態度が変わった。

トントンした次の日、旦那は子供が選んだアパートにOKを出し、上司は穏やかに話しかけてきたり

本当、不思議だわ〜

そういう時、ありますよね。

  • ちょっと時間を置く
  • タッピングで、現状を客観的に捉える
  • Tさんの言動・反応

によってうまくいったのではないかと思います。

良かったです。

それにしても、何でも反対する旦那さんへの対応、大変でしたね。

お疲れ様でした!

無事にお子さんの住まいが決まって何よりです。

Tさんの「やりたいことをやらせたい」という思いが実現して良かったです。

旦那さんが何でも反対する背景

旦那さんがまず反対から入るのは、自己犠牲の積み重ねが原因であるはず。

Tさんは、以前旦那さんが、義母に向かって、「あんたはいつも俺のやりたいことを反対する」と怒鳴っていたのを覚えていました。

反対されて育っているのであれば、それしか知らずに、その方法を使ってしまうんですよね。

嫌だったはずなのに。

あと、もしかしたら、「自分は反対され続けてきたのに、子供がやりたいようにやるのは許せない」と無意識・無自覚のうちに感じていたのかもしれません。

この手のタイプの方は、最初、存分に反対させておいて、翌日改めて話しかけるといいのかもしれませんが、いちいち面倒ですよね。

できれば自律して、ご自分のおかしな動きを認知し、軌道修正して頂きたいものです。

そうすることで、夫婦仲をより良くすることができるはずですから。

次回に続きます。