ジミージミー

ところで、ネ子ちゃんに質問なんだけれど、ネ子ちゃんの言う「一発逆転」って、具体的にどういうことかな?

具体的にどういう変化が起きたら、ネ子ちゃんは「一発逆転した」って思えるかな?

どうなったら、満足するかな?


ネ子ネ子

ぐ、ぐたいてきに?

そう言われると、答えに悩むね・・


ジミージミー

とりあえず、何でもいいから話してみてよ!


ネ子ネ子

うーーん、プライベートも、仕事も、お金も、恋愛も、結婚も、子育ても、何もかも思い通り・・・?

沢山の人(猫)がうらやむ、愛されるアタイになる??


ネ子ネ子

うーん。なんかちょっと違う気もする・・。

どうなったら一発逆転したのかって聞かれると、答えに困るね。


ジミージミー

でもネ子ちゃん、一発逆転したいって言っていたよね?

具体的にどうなったら逆転したことになるのかわからないのに、一発逆転するのを求めるって何か変じゃない?


ネ子ネ子

確かに。

アタイ、今まで漠然と「自分のことがわかるようになればうまくいく」とか「一発逆転したら何もかもうまくいく」って思っていた感じがする。


ネ子ネ子

「何もかも思い通り」というより、言葉に出来ないんだけれど、アタイの求める何かが確かにあるのよっっ!!


りんりんりんりん

それがわかったら上等だよ!

ありのまま認める×EFTで、「ネ子の求める何か」を引き出して、ひとまずそれを得て見たら良いと思うよ!



ジミージミー

ここでは「変化」について、ひとまず押さえておいて頂きたい内容を説明します。

変化についての説明

「大人の、あなたらしさ」を活かす選択をした場面で、あなたに変化が生じた際には、セッションやフォローを通じて「これは変化ですよ」と説明をしています。



なぜかというと、変化の中身を知らないと、自ら変化を逃してしまうし、変化したことにも気づけず、自分を振り回すことになるからです。

自分を抑えて装う選択を積み重ねた状態から、実際に「大人の、あなたらしさ」を活かす選択をして変化が生じた時

りんりんりんりん

「想像していた変化とは、全然違っていた」ということが必ず起きます。


恐らく、あなたには、「悩みを解決する」「うまくいく」「欲しい物を得る」「やりたいことをやる」「自信が出る」「やる気が出る」「好きなことをやる」といったことに対して、何かしら抱いている「感覚・イメージ」があるのではないでしょうか。

例えば

  • 「やる気が出る状態」は「特定の高揚感が湧いてきて、何でもできそう、頑張ろうという思いが両胸の間で、みなぎる感じ」
  • 「欲しい物を得た状態」が「嬉しくて、心から満足している」

といった具合に、人それぞれイメージがあるはずです。


なので、どうしても

  • (自分が変化したら)イメージ通りの感覚が、自分の中に湧く
  • 自分のイメージした通りに、物事が、うまくいく

ことを「変化」と捉えがちです。

でも、これには、落とし穴があるのです。

自分の感覚に沿って動くと、悪循環に陥ることがある

ありのまま認める×EFTでは「自分の感覚」を使いますが、これは必ずしも「常に、自分の感覚に沿って動く」ことを指しているのではありません。

もちろん、自分の感覚に沿って動く場面もありますが、注意が必要な時もあるのです。

ここでは、注意が必要な場面について説明をします。

実は、自分を抑えて装う選択をしている状態から、大人のあなたらしさを活かす状態へと移行するにあたって

  1. 本当に望むものを得ていないけれど、イメージ通りの感覚が生まれたから「望んだものを得た・変化した(と自分は判断した)」
  2. 本当に望むものを得たけれど、イメージ通りの感覚が生まれないから「望んだものを得られなかった・変化しない(と自分は判断した)」

ということが、ものすごく多いのです。

りんりんりんりん

どちらも、悪循環から抜け出せなくなります。


1は、自分を抑えて装う視点から捉えたら、良さそうに感じますが「大人の、あなたらしさ」を活かす視点から捉えたら、何もうまくいっていないのです。

時間の経過と共に、問題が大きくなります。

2は、大人の、あなたらしさを選択する場面で、「ありのままの自分を選ぶとうまくいかない(けれど、自分を抑えて装う選択をするとうまくいく)」という根強い思い込みが必ず顔を出す為、どうしてもうまくいかないに違いないと感じるのです。

この思い込みによって、本当に望むものが目の前に来た時に「こんなものいらない」という反応が出ます。

「望むものを得る為の行動なんてしたくない」となることも、少なくありません。

このまま「うまくいかないに違いない」「いらない」という感覚に沿って、望む物を見送った場合、しばらくした後に「どうして、私は、欲しいものを得られないのだろう」と悩んだ挙句、自己否定に行き着きます。

これにより、枝葉の問題が広がる為、また自分を抑えて装う選択に戻り、躓きのパターンにはまり、ロスの連動が生じる・・という状態に陥ります。

大人の、あなたらしさを活かす時の感覚に慣れよう

「大人の、あなたらしさ」を活かすプロセスに慣れると、自分を抑えて装う選択をして、欲しい何かを求めるよりも、はるかにラクだと感じるかと思います。

ただ、慣れないうちや、ハードルがあがったりする場面では、ワクワク・楽しいというよりも「きつい」「怖い」「やりたくない」と思うことが多いと思います。

この状態のまま、思い切って動こうとしても、様々なブレーキにより、なかなか難しいのです。

ネ子ネ子

な、なんか難しそう。

こうやって説明を受けている分にはいいけれど、実際にその場面が来たら、アタイ、出来るとは思えないよ・・。


りんりんりんりん

大丈夫。

前にも説明したけれど、人は、未知のことに対し、どれ程すごい知識を得たとしても、得た知識と想像のみで実行するのは難しいんだよ。

出来ないのが当然なのだから、ひとまず知識を得ておいて、それを納得して実行できるよう準備するのが、ありのまま認める×EFTの役割ね。


可能な限りハードルを下げた状態で前に進む為のセットアップフレーズ・リマインダー(EFTで使う言葉)と一連の動作を使い、準備を進めます。



りんりんりんりん

準備が出来たら、あとは実践を積み重ねるのみ!


「大人の、あなたらしさ」を活かすプロセスを使って悩みに対応し、実際に変化したり、実りを得たりした時、恐らく、あなたは

  • ご自分の手で欲しいものを得たことを実感する
  • 欲しいものを得たことに気づかない

のどちらかになるかと思います。


欲しいものを得た時点でも変化について、一通り説明します。

その際に、改めて、あなたの得たものやプロセスを振り返るのですが、そこから

  • 「以前は出来なかったけれど、出来るようになった」という自信を得る
  • 「次の課題はこれだ」という目標が見える
  • 次の目的地を定めて新たに行動したりすることへと繋げる

といったことをしながら、少しずつ「大人の、あなたらしさ」を活かすことに慣れていきます。

こういったことから「大人の、あなたらしさ」を選択した際の感覚、本当に欲しい物を得た際の感覚等を、覚えておくと良いです。

恐らく、あなたがイメージしているのとは全く違い「淡々」としていたり、「うまくいきそう」という感じでは全くないはずです。

新しい感覚に慣れていくのも、変化の1つです。

このような事情があり、変化について1つ1つ説明することは、とても重要なのです。

わからないことをわからないと話すことが大事です

お一人で取り組んだ際に、必ず、疑問が湧くはずです。

新しいことに取り組んでいるのだから、わからないことがあるのが当然です。

わからないまま進めると「自分を抑えて装う選択をした状態で考える、ありのまま」になりかねません。

その際は、メールでお問い合わせ下さい。

わからなければ、わかるまで同じことを聞いて下さって構いません。

「今はわからなくていい」と答える時もありますが、積み重ねの先で、初めてわかることがあります。

その際は、とりあえず、知識だけわかっていれば良いとお伝えします。

また「以前も話したけれど・・」という説明をする時もありますが、これは「何度も同じことを言わせるな。」ではありません。

以前と今回と、どこが同じなのかがわかると、理解も応用もしやすくなるからなのです。

ジミージミー

自分を抑えて装う選択を積み重ねている場合、「間違ってはいけない」「1回聞いたら全て出来るようにならないといけない」「何度も聞くなんて迷惑だ」と思い、遠慮しがちですが、当方のEFTは「躓いている所から、動けるようになる」のが目的です。


「大人の、あなたらしさ」を活かす為には「わからないことをわからないと話す」ことが、とても大切ですし、「以前はわからないことを、わからないからもう一度説明してほしいと言えなかったけれど、言えるようになったし、聞けるようになった。」というのも、変化の1つなのです。

変化の目安

りんりんりんりん

個人差がありますが、地道な取り組みを積み重ね「3つの問題が絡み合った躓きの立て直しよりも、欲しい何かを得る為の取り組みの方が増える」状態になったとあなたが実感する迄、およそ2~3年、または年齢の10分の1の時間がかかります。


この間、日常で生じる悩みに沿ってセッションを入れたり、セッションを入れずにセッションで取り組んだ内容をお一人で応用したりしながら、ご自分のペースで取り組みを進めると良いと思います。

ここまでの説明で、長年に渡り、自分を抑えて装う選択を積み重ねた状態から、大人のあなたらしさを活かすプロセスを身に付け、実際に使えるようになる為に、ある程度の時間や労力、セッションやフォローといった補助が必要であることを、ご理解頂けるのではないかと思います。

もし、あなたが、時間や手間をある程度かけてでも、地道に、混乱した状態を紐解き、ご自分で自分で躓きを立て直し、悩みを根本から解決したり、実りを得たりしながら「大人の、あなたらしさ」を活かして、生きていきたいとお考えであるならば、ありのまま認める×EFTをお勧め致します。

ジミージミー

ということで、ひとまずここで「ありのまま認める×EFT」の中身についての説明は終わりです。


りんりんりんりん

次からは「ありのまま認める×EFT」の中身が、どのように出来上がったのかについて、アップしていきます。