自分を生かすってどういうこと?

ありのまま認める×EFTで

  • 自分がどうしたいのかわからない
  • 自分がない
  • 本当の自分がわからない

と感じている方の「何」を生かすのかというと「本心」です。

「本心」だと漠然とした感じがするので、もう少しわかりやすく表現しましょう。

「欲」です。

あなたの「欲」を生かすのです。

この記事は

自分がどうしたいのかわからないのは何故?悩みが生じる原因と対応策


の続きです。

自分の欲を生かすとは?

自分の欲を生かすとは、どういうことでしょう。

「欲」という言葉に、何となく良いイメージがないと感じた方がいらっしゃるでしょうか。

恐らく

  • わがまま
  • 強欲
  • 承認欲求
  • 支配欲
  • 物欲
  • 金銭欲
  • 名(誉)欲

などといった内容を、想像なさるのではないでしょうか。

では、これだとどうでしょう。

  • 悩みや問題を解決する
  • 自己実現
  • 願望実現
  • 希望を持つ
  • 目標を掲げる
  • 研究する
  • 解明する
  • 疑問を抱く
  • 疑問を解く
  • 直す・治す
  • 学ぶ
  • 目標を持つ
  • 作る・創る
  • 愛する
  • 何もしたくない
  • 書く
  • 話す
  • 聞く
  • 気を付ける
  • お金をためる・支払う
  • 旅行する
  • 運転する
  • 呼吸する
  • 洗濯する
  • 選択する
  • 歯を磨く
  • 経験する
  • 幸せ
  • 楽しい
  • 試す
  • 謝罪する
  • 感謝する
  • 音楽を聴く
  • 助ける
  • 後悔する
  • 片付ける
  • 離したくない
  • つまらない
  • やりたくない

など、私たちの思考や感情、行動の背景には

  • 知りたい
  • わかりたい
  • 欲しい
  • ありたい
  • なりたい
  • 納得したい
  • 伝えたい
  • 行きたい
  • 楽しみたい
  • 泣きたい
  • 謝りたい
  • したくない
  • 助けたい
  • 守りたい
  • 保ちたい
  • 聞(聴)きたい
  • ~したい
  • ~したかった
  • ~したくない
  • 何かが必要だ
  • 他のものが必要だ

といった、さまざまな「欲」が存在しています。

「欲」は、別の言い方をすると「あなたは、どうしたいのか」です。

自分を生かす欲の扱い方を身に着ける

ただ、「欲」だけでは、動きがありません。

例えば、「知りたい」と思っていても、そのまま止まってしまっていては、あなたの「欲」は満たされませんよね。

実際に「知る」ための選択や行動をして、納得したり、得たことを何かに生かしたりするのではないでしょうか。

なので、自分を生かす「欲」の扱い方となる

  • 認める
  • 求める
  • 満たす
  • 次につなげる

ことを、身に着ける必要があるのです。

つまり、何かしらうまくいかない・・と感じている場合は、「欲」の扱い方である

  • 認める
  • 求める
  • 満たす
  • 次につなげる

動きをチェックすると、どこでつまづいているのかが、わかるということです。

ありのまま認める×EFTって何?の記事で、このEFTは、「自分がどうしたいのかがわからない」「自分がない」「本心がわからない」と感じている人のための

  • 思考や感情の手入れ方法
  • 悩みを根本から自分で解決する方法
  • 自己実現方法
  • 主体的に思考し、行動する方法
  • 持ち味を生かす方法

であり、解法は一緒と書きました。

これらの方法は、表現こそ違いますが、全て同じ「自分を生かす欲の扱い方」です。

本当に望む世界を創るってどういうこと?

ありのまま認める×EFTって何?の記事で、EFTには「本当に望む世界を創る」という目的があると述べました。

世界という響きに、大それた感じがするかもしれませんが、実際はそうではありません。

自分がどうしたいのかわからないのは何故?悩みが生じる原因と対応策の記事に、自分を抑える選択・対応を、長年に渡って使い続けたことによって、あなたの外側で生じたのがAの悩み、内側に生じたのがBの悩みと書きましたが、あなたの世界は、あなたの扱った欲が、あなたの外側(A)・内側(B)へと反映することによって、創られています。

だから、本当に望む世界を創るためには、あなたの欲を生かすことが大切なのです。

人生とは、生きるとは、欲を認め、求め、満たすことの連続・積み重ねであり、それしかしていない

実は、人生とは、生きるとは、突き詰めると、目の前の出来事に対し、自分の欲を認め、求め、満たすことの連続・積み重ね であり、それしかしていません。

そのために、人は、思い感じ考え、選択し、行動しています。

そもそも
「欲」の存在に、気づかなければ
「欲」があることを認められませんし
「欲」を求めることも
「欲」を満たすことも
できず、人の成長はあり得ません。

愛も、文化も、社会も、技術や医療なども発展しませんし、実りも、豊かさもないのです。

「欲」は、とても大切なものなのです。

欲の扱い方には注意が必要です

ただし、認め方、求め方、満たし方など、欲の扱い方には、注意が必要です。

人間は、もともと「自分(欲=持ち味)を生かす」ことによって、幸せに生きられるよう創られていると書きましたが、これらが可能になるかどうかは、あなたの欲の扱い方にかかっているからです。

自分(の欲)を生かす場合は、自分や周囲の尊重と安全の確保を前提に「感覚・感情」「理性」どちらも生かして欲を扱う(認め、求め、満たす)ことが必要です。

これを、ありのまま認める×EFTでは、「自律」と言います。

ありのまま認める×EFTでは、自律によって、自分の欲を自分で認め、求め、満たしていきます。

感覚・感情だけを生かした欲の扱い方

仮に「感覚・感情」だけを生かす場合は、どうでしょうか。

小さい頃から大人になるまで、感覚・感情の赴くまま、何でもかんでも、好き勝手に、自由に振る舞うとしたら、幸せでしょうか。楽しいでしょうか。

これは、例えるなら、本来、自力で動ける人たちが、生まれたばかりの子のように、周囲の事情に、一切配慮せずに「いつでも、周囲が自分のお膳立てや尻ぬぐいをしてくれるのが当然だ」と振る舞うようなものです。

ちなみに、生まれたばかりの子と、世話する周りの人たちは、「子が成長し、自分を生かしていくこと」を前提に、面倒を見る・見られる関係であり、互いを尊重した状態にあります。

周りの人が世話をすることで、子の命や人生は、守られています。

このやり方は、何の見返りもない状態で、お膳立てしてくれる人がいることで初めて成り立ちます。

お膳立てしてくれる人が得られたら、ラッキー!でしょうか。
確かにラッキーかもしれません。

でも、これは、同時に、自分を生かすことの放棄を意味します。

つまり、自分を抑える選択・対応と同じ動きが出るのです。

見た目は成長していても、内面は「自分は非力であり、誰かの庇護がなければ、生きられない」という状態になるので、若いうちは何とかなったとしても、年を重ねるほどに、生きづらさが増します。

好き勝手に振る舞っているように見えても、行きあたりばったりに過ぎない。

お膳立てしてくれる人がいなくなるのを恐れ、顔色をうかがう。

お膳立てしてくれる人を暴言や暴力などで押さえつけて、自分の思い通りにしようとする。

などと言った具合に、周囲に左右される、不自由な生き方なのです。

感情・感覚を押さえつけて、理性だけを生かした欲の扱い方

では、感情・感覚を押さえつけて、理性だけで動くとどうでしょうか。

例えば、「有能な誰かが決定したことを、周囲に有無を言わせずに通す」という話があります。

双方が、納得しているのであればいいのですが、そうでなければ、全員が自分を抑える選択・対応になり「自分が生かせなくなる」のです。

改めて別な記事で触れますが、自分を抑える選択・対応にはタイプが分かれます。

「誰にも文句を言わせないよう、力をつける努力をした」
「意見があっても、目の敵にされるのを恐れて、言えない(表向きは合意しているように振る舞うけれど、内心は不満だ。」
という関係を経験なさったことはあるでしょうか。

これは、それぞれが、他者の反応によって、原動力やほしい何かを得られる、または、報復を恐れ、表向きの安全を確保したいと感じる状態にあります。

「どうすれば、周囲(ヒト・モノ・コト)が自分の方を向いたり、思い描く反応をしたりするのかをに沿って、自分の在り方を決める」ので、やっぱり周囲に左右されるのです。

感覚・感情だけ、理性だけ、どちらにも共通していること

「感情・感覚だけ」「理性だけ」それぞれが全然違うように感じますが、共通しているのは「誰かの犠牲(誰かが自分を抑える選択・対応をする)の上に、自分が成り立つ」「自己犠牲の上で、誰かが成り立つ」こと。

「自分も周囲も生かす」ためには、感情・感覚も、理性どちらも、生かす必要があります。

まとめ

では、ここまでの内容をまとめます。

  • ありのまま認める×EFTでは、自分の「欲」を生かす
  • 自分がどうしたいのかわからない、自分がない、本心がわからないと感じている場合は、自分を生かす欲の扱い方を身に着ける必要がある
  • 人生とは、生きるとは、突き詰めると、目の前の出来事に対し、自分の欲を認め、求め、満たすことの連続・積み重ね である
  • 自分の世界は、自分の扱った欲が、自分の外側(A)・内側(B)へと反映することによって、創られている
  • 自分や周囲の尊重と安全の確保を前提に「感覚・感情」「理性」どちらも生かして、欲を扱う(認め、求め、満たす)ことが必要

ありのまま認める×EFTで扱い、生かす欲について

さて、さまざまな「欲」がある中で、ありのまま認める×EFTで扱い、生かす「欲」があります。

それは、マズローの5段階欲求の図で言う、3段階目の社会的欲(求)です。

マズローの5段階欲求の図
マズローの5段階欲求の図

 

この図は、人によっていろいろな捉え方があると思うのですが、ありのまま認める×EFTで言う、社会的欲(求)とは、

社会に所属することによって、あなたの内側で発生するもの

を意味します。

では、今日はこの辺で終わりにして、次回「社会的欲求」と「扱い方」について、詳しく説明します。