幸せに生きるために動ける状態を作る

あなたが実際に、目の前の悩みに対応することを想定し「動ける」状態を作ります。

ヒアリングを通じて、あなたの現在の悩みや希望を伺い、その中から「急ぎでやる必要のあることをまずは一つ」セッションの題材にします。

題材に合意したら、セッションを開始。

ネガティブを活かした、根本的かつ現実的でシンプルな解決方法を、タッピングの手法に乗せて、あなたの現在の悩みに対応します。

「動ける」状態を作るために、あなたの内側から、どうしたいのか意思(答え)を引き出し、頭と心が納得して前に進めるよう、細やかにセッションを進めます。

セッションのルール

世の中には自分の意思を活かす方法も、悩みの解決方法も、たくさんあります。

アイホージュは、いつでも、あなたが幸せに生きることを前提に、取り組みを進めていきます。

幸せに生きるために、具体的に何をするのかというと

  1. 自分の意思を活かす
  2. 自分と他者の違いを尊重し、必要があれば、合意点を見出し、実行する

こと。

アイホージュでは、この2つのルールに沿って、ありのまま認めるという、たった1つの方法をあらゆる場面で応用しながら、あなたの思考や感情などを掘り下げていきます。

この、2つのルールに沿って、自分で自分の思考や感情などをありのまま認めることを、ここでは自律 と呼びます。

自律最善タッピングという名称には、自律によって自分を活かすことが最善・幸せへとつながる、という意味がこめられています。

セッションは下準備に過ぎない

セッションは下準備に過ぎません。

あなたが日常に戻ってからが本番で、取り組んだ内容を実行する必要があります。

伊藤は、あなたが、実際に行動をし、何かしらの結果を得て、何を思い感じているのかをメールで伺います。

あなたの回答に対し、解説を返答するところまで、伴走します。

セッションでは、やり方はお伝えしませんが、取り組んだ内容については、メールでお送りします。

お金で買えない所までを伴走します

セッションも、解決方法も、お金を出せば買えます。
でも、それを実際に使って、悩みに対応したり、実りを得られたりするかどうかは別です。

チャンスも、買おうと思えば買えます。
でも、それを活かせるかどうかは、別です。

セッションを通じて、取り組んだ内容を、あなたが新しい行動へと結びつける経験。

あなたの意思・行動によって、得られるヒト・モノ・コト。

あなたの内側に蓄積される、自分の意思を活かした対応や経験、結果から得た学び。

これらは、いくらお金を出しても買えません。

買えない所までを伴走しようというのが、アイホージュの自律最善タッピングです。