推拿でストレスを解消

Nさんから、モミー(推拿)の予約のメールが来ました。

Nさんから連絡を頂くのは、3年ぶり位か。
久しぶりの再会です。

経絡人形

以前、EFTのセッションを受けたこともあるNさん。
「ストレス解消で、来ました。」

何があったの?
モミーをしながら、お話を伺いました。

ストレスの理由

同棲している彼がここ3~4年ほど働かず、Nさんの収入だけで暮らしています。

金銭的に全く余裕のない中で、Nさんは頑張っていました。

色々我慢し続けてきたため、息切れ状態になっています。

ストレス解消にと、ちょっびり散財をした延長で、モミーをしに来たのでした。

昔、初めて、NさんとEFTのセッションをした頃は、お二人とも働いていると伺っていたので、結婚もそう遠くないだろうな・・と思っていた私は、びっくりです。

んーーー。
モミーで、一時的にストレス解消しても、お家に帰ったら、今まで通り何一つ変わらない状態が続くんだよなあ。

そう思いながら、もう少し詳しく伺うと、Nさんは、以前勤めていたフルタイムの職場を辞めていて、現在は、パートタイムで働いているとのこと。

残業が多いので、月12万程もらっているのですが、もちろん足りません。

お金が足りずに、パートを2つ掛け持ちしていたこともあるけれど、それでも足りない。

昨年、引っ越しをしていて、彼女の名義でローンを組み、数十万の借金をしているけれど、返す当てがない。

キャッシング枠いっぱいに、お金を借りている。

だから、これ以上、キャッシングは出来ない。

収入よりも、支出が上回っている。

払えていないお金も、色々ある。

支払の目処がつかない。

彼は、別の部屋に引きこもっていて、Nさんが仕事から帰ってきても、お互いに話をすることが、ほとんどない。

かなり切羽詰った状態にありますね。

NさんのストレスにEFTタッピングは有効か

私は有効だと判断しました。

Nさんのお話を一通り聞いて私が思ったことは、頑張っても、報われない(自己犠牲のループを回っている)状態にあり、一刻も早く手を打たないと、状況は悪くなる一方だ。

いろいろ、辛いと感じることが起きていますが、現在の、ご自分の思考や感情を、ありのまま認めていない(自己犠牲の)状態はNさんにとってダメージが生じるばかりだから、早く立て直すようにという、お知らせや警告みたいなもの。

お知らせや警告は、罰でも何でもありません。

人間は、自分を生かすことで幸せに創られています。

自分を傷つけたり、非力にしたりする自己犠牲は不自然なのだから、それを選ぶことから、自分を守らなくてはならないのです。

もし彼女が、お知らせや警告を無視したまま、(自己犠牲をすることで)自分だけが頑張って、現状維持をしようとしたら、そんなに遠くないうちに、彼女の体や心、もしくは両方にダメージが生じて、強制的に立ち止まったっておかしくなありません。

仮に、その状態になっても、Nさんが、今のまま、頑張り続けた場合は、ハードルがさらに上がり、お知らせや警告として受けるダメージも、もっと大きくなる・・。

『あんなにいい人なのに、あんなに頑張っているのに、どうして不幸の連続が?』という話があります。

このような場合は、その方の視点・思考・言動のパターンをチェックし、自己犠牲の積み重ねの癖が出ていないか、ご自身を生かしているのかをチェックしたいもの。

そのために、EFTタッピングを使い、うまくいっていない思考や感情を、ありのまま認めて、必要な情報や、現状を変えることなどに生かしていきます。

Nさんは、以前複数回セッションを受けたことがあり、EFTのやり方は知っています。

視点・思考・言動の矛盾(自己犠牲による、つまづきの癖)を明らかにすることと、新しい一歩を踏む準備までを、Nさんに提供できると私は思いました。

何とか立て直すきかっけになるのではないかしら?と思った私は、ここまでの話を、一通りSさんに説明し

「EFTで、ちょいとやったら、もしかしたら、現状は変わるかもしれない。
やる、やらないは、Nさんにお任せします。」
と伝えました。

出世後払い!でまずはお金の面で、立て直しをすることに、合意したのです。

ちなみにすでに、お支払いは終わっています。

自己犠牲をしていると問題の先延ばしが起こる

他のEFTセッションでも、良くある話なのですが、自分の思考・感情といったものを、ありのまま認めない(自己犠牲を積み重ねた)状態では、

  • 解決や折り合いの先延ばしや、その場しのぎが起こるので、必要な手が打てず、時間の経過と共に問題が大きくなる
  • 複数の問題や悩みが、絡み合う

のです。

Nさんの例で言えば

日常においていつもお金が足りない事に悩み

毎月の支払をどうしようか悩み

日々の大半の時間を働くことに費やし

日常生活の質も下がり

体も心も疲れて

身近で大切と思っていた人との関係が、ぎくしゃくして

気持ちの上での余裕もなくなっていく。

といった風に、悪循環に陥ります。

ありのまま認めない状態で、悪循環に陥る(自己犠牲のループにはまり続ける)と、

焦る気持ちで、何とかしないといけないと思いつつも、問題がありすぎて、何から手をつけていいかわからない。
それでも頑張れば、いつか、何とかなるかもしれない。

といった根拠のない楽観、漠然とした期待または、解決のない堂々巡りで、時間が経過していきます。

過去のEFTから、Nさんの癖を知っていた私は、このまま何もしないとしたら、

自分が我慢すれば、何とかなる。
いつか彼は、働いてくれる。

と期待して彼女は、現状維持で頑張ることを選ぶだろうと、容易に想像出来ました。

もう少し、頑張ってみよう。
あと1か月、頑張ってみよう。
あと1年、頑張ってみよう。

そうしたら、彼も働くようになるかもしれない!と思ったって、ちっともおかしくないのです。

だってNさん、もう3年も、現状維持をしてきているのだもの。

でも、3年前に比べると明らかに、現状は悪化している。

どこで、現状維持にピリオドを打つのか?

この時点で、Nさんは判断ができない状態にありました。

だから、声をかけたのです。

EFTをする前に、今できることをやって改善を試みる

モミーの後、すぐにNさんにEFTをした訳ではありません。

今できることをやって、改善を試みてほしいと思い、Nさんに「まずは彼とお金の件で、話をしてみて!」と具体的な内容を伝えました。

Nさんは、過去にEFTをやっているので、その内容については「できる」とのこと。

具体的にというのがミソです。

自分の思考や感情をありのまま認めない(自己犠牲の積み重ねによる、つまづきの癖が生じている)状態では、「具体的に何を伝えるのか」がわからないまま、感情的に話をします。

そのため、伝える必要のあることが相手に伝わりません。

伝えたつもりで、伝わっていないのに、わかってもらえないという別なトラブルを引き起こして、関係をこじらせるので、何のために、何をするのかを具体的にお伝えする所までを、提供する必要があるのです。

こうやって、久しぶりの再会モミーが終わったのでした。

この話は

お金がない!切羽詰まった状態を改善するEFTタッピング【2】

へ続きます。