青森県青森市 中国推拿(整体)とありのまま認める×EFT(国内外対応)を提供する                    
女性による女性のためのリラクゼーションサロン アイホージュ                                              

リラクゼーションサロン 
アイホージュ

017-743-3753

営業時間

10:00~19:00 (不定休) 

お気軽にお問合せください

青森県青森市にある、女性専用のリラクゼーションサロン・アイホージュのホームページをご覧下さり、ありがとうございます。

 

アイホージュでは、中国推拿(リラクゼーションとしての整体)と 対面・電話・Skypeで行う、ありのまま認める×EFTのセッション(日本国内外対応)を提供しております。

アイホージュよりお知らせ

2016年8月3日

ただいま、ホームページをリニューアル中です。

2016年8月3日

諸事情により、2016年8月と9月の中国推拿は、リピーターの方のみの提供となります。新規のお客様のご予約受付は行いませんので、予めご了承くださいませ。

2016年8月4日

「共通の躓き」「認めないオトナチェック」の記事をアップしました

2016年8月16日

アイホージュの庭 を更新しました

2016年9月1日

2016年9月の営業日と営業時間を公開しました。

2016年9月22日

アイホージュの日記 を更新しました

ありのまま認める×EFT

ありのまま認める×EFTが提供していること

大人としての責任を持ち、自由だけれど自立・自律した状態で、ありのままの自分の本質・特性・能力といったものを活かしたり、やりたい事を実現したりしながら、ありのままの自分の人生を切り開いたりしたい


ありのまま認める×EFTでは、このような事を思っている女性に対し「大人のありのまま」と「主体性」を育むプロセスを、セッションとして提供しております。


「大人のありのまま」では、自分で自分(の欲)をありのまま認め満たす事を通じて、大人としての責任を持ち、自由だけれど自立・自律した状態で、本質・特性・能力を発揮する為に必要な土台を作ります。


また、対人関係においては、自分で自分(の欲)をありのまま認め満たす事を通じて、自分と誰かの違いを認めた上で、互いに本質・特性・能力といったものを活かしあったり、寄りかからずに補いあったりしながら、豊かで実り多い、対等な関係性を築く為の土台を作ります。


「主体性」とは、自分がどうしたいのか、どこに行きたいのか、何をする必要があるのか自ら考え、行動し、新しい結果に繋げるプロセスです。


「大人のありのまま」を通じて、自分で自分をありのまま認め満たし、本質・特性・能力を発揮できる土台を作った上で
・思考・感情の整理
・問題・悩みの対応
・やる必要のある事をやる、やりたい事の実現をする
取り組みと積み重ねを行っています。


ありのまま認める×EFTでは、「大人のありのまま」と「主体性」を育み、ありのままの自分の人生を切り開く以前に、もう1つ、重要な取り組みを行っています。


それは、「大人のありのまま」と「主体性」をもって、過去や現在に生じて、立て直せないままになっている躓きに対し
・思考・感情の整理を行い
・問題や悩みに必要な対応をして
・やる必要のある事をやる
事を通じて、大きく広がっている傷を自ら癒し、回復させ、立て直す積み重ねを行う事です。


この積み重ねが、ありのままの自分の人生を切り開く為の土台作りに繋がります。


ありのまま認める×EFTでは、何故これらの取り組みを行っているのか理由があるのですが、それを説明する前に、私・伊藤が、ありのまま認める×EFTを提供する背景について、簡単に説明をします。

実体験が先行していた「ありのまま認める×EFT」

2009年、アイホージュを立ち上げると決めたは良いけれど、やっぱり出来そうにないと思っていた私・伊藤が、7年かけても立ち上げられなかったアイホージュを、自分の視点・思考や感情や言動等を、EFTのテクニックを使い、ありのまま認め満たし続ける事で、7か月で立ち上げました。


立ち上げ前、私は

・立ち上げたいと思いながら、出来そうにない、自信がないと感じていた
・サロンを立ち上げる為には必要だと漠然と考えていた外側の条件(お金・場所等)が、全然揃っていない
・セミナーや本等で知識を得ていたけれど、これらを現実に繋げられないと感じていた
・お金はないけれど、時間は沢山あった
・言葉では表せないけれど、「自分が、心から納得したい」という感覚があり、これは、絶対に譲れないと思っていた
・立ち上げるにあたり、他に譲れない条件がある

という状態にありました。


立ち上げられなかった7年の中で、私は、車を運転し、赤信号で停止している所へ、大型トラックに追突される事故に遭いました。


幸い、追突直前に気づき、前方へ車を進め逃げた為、目に見える傷は負いませんでした。


ですが、時間の経過と共に、熱感、痺れが体幹と四肢に広がった上に、追突してくる様子をミラー越しで見続けた事で、心身ともにダメージが生じ、2年以上引きこもった状態で、サロンの立ち上げを諦めた時期があったのです。

 

アイホージュを立ち上げた時、私の中に疑問が生じました。


何故私は、EFTを使い、自分の思考・感情等をありのまま認める事で、7年かけても立ち上げられなかったアイホージュを7か月で立ち上げられたのだろう。


具体的に、何をどうやって、私は、自分の問題を片付け、譲れない条件に全て沿った状態で、望みを実現したのだろう。


私が、このような疑問を抱いた理由があります。


何故、自分の思考や感情等をありのまま認め満たす事が、アイホージュの立ち上げに繋がったのか知識が一切ないまま、アイホージュの立ち上げ(実体験)が先行したからなのです。

 

私は、アイホージュを立ち上げるにあたり、推拿の提供をメインにして、もう1つ、別の何かを提供しようと思い、物販を考えていました。

 

なので、当初は、EFTの提供を行う予定がなかったのです。


ところが、前述した通り、当時の私には、物販が出来る程の財力はありませんでした。


財力を必要とせず、私がもう1つ提供できるものと言えば「EFT」のみ。


でも、EFTのテクニックを使って、自分の思考と感情といったものをありのまま認めたらサロンが出来上がったなんて、周りから怪しいと言われるに違いない。


それが嫌で、ひたすらEFTに取り組み、自分の思考や感情といったものをありのまま認め満たして折り合いをつけた後、このような思いを抱きました。


事故に遭った後、どうにかして自分の現状を立て直したいと考え、色々な情報や知識を集めても変化に繋げられない、何も変わらないと思っていた私が使った方法を、世の中の誰かが、もしかしたら探しているのかもしれない。

 

結果的に、アイホージュを立ち上げるまでのEFTを使った際の思考・行動の変化、体験といったものを言語化し、セッションとして提供するようになりました。


EFTを使った自分の変化が面白かった為、私の納得の体感を羅針盤として「ありのまま認める、この先を見てみたい」という思いを、「ありのまま認める、この先」に何があるのかを全く知らないまま、7年間、ひたすら追いかけ続けました。

 

現在は、ありのままの本質・特性・能力といったものを活かして生きる、この先を見てみたいという思いで、サロン運営にも、ありのまま認める×EFTの追究にも、普段の生活にも、ありのまま認める×EFTを使っております。

 

ありのまま認める×EFTは、2009年から現在(2016年)に至る迄の7年間、常に、実体験と変化が先行した状態で取り組み内容の言語化・知識化・体系化を行ってきた、アイホージュだけが提供しているオリジナルの内容です。

ありのままの自分の本質・特性・能力を発揮する事を阻む共通の躓きがある!

私・伊藤が「ありのまま認める、この先を見てみたい」という納得の感覚を追い求め、自身に対して行うEFTと、クライアントさん達とセッションを積み重ねる中、自分やクライアントさん達には、共通の躓きの癖があり、問題や悩みが発生する際には、毎回、その癖で躓いて、立て直せない状態にあると気づきました。

 

そこから根本から手を打つには、具体的に何が必要なのかを特定する作業をするようになrました。

 

これまでの取り組み・経験・変化を言語化・知識化・体系化した内容から
・どこで、どのように躓いているのか
・何故、躓きが発生していたのか
・何故、躓きから抜け出せないのか
といった事を、1つずつ割り出ました。

 

ここから割り出したのが、下記の共通の躓きです。

・ありのままの自分を抑えるのが当たり前な為、ありのままの自分として生きようにも土台がなく、本質・特性・能力を発揮出来る状態にはない
・現状把握が出来ない為、どこで躓いているのかがわからず、躓きを立て直せないし、立て直した所で、何をしていいのかわからない状態にある
・結局、これまでと同じ土台・思考・行動のまま、何とか自分や現状を立て直そうとして、同じ所をぐるぐる回っている事に気づいていない

というものです。

 

その後
・躓きから抜ける為には、何をする必要があるのか
・躓きから抜けた後に生じる問題は何か
・躓きから抜けたら、具体的に何をする必要があるのか
を割り出した上で
・根本から手を打つとしたら、具体的に何が必要なのか
・そもそも、なぜ自分で自分をありのまま認め満たすと、変化が生じるのか
と言った事を自問し続けて、行きついたのが、現在、セッションとして提供している内容

・「大人のありのまま」を育むことを通じて、ありのままの自分の本質・特性・能力といったものを発揮する為の土台を作る必要性
共通の躓きが生じる従属的・支配的な思考・行動の立て直しと、望む結果を得る為に必要な「主体的」な思考・行動する為の土台を作る必要性

だったのです。

 

「大人のありのまま」と「主体的な思考・言動(主体性)」はセットであり、どちらかが欠けてもだめなのです。

 

何かを実現したいけれど、それを阻む問題が生じる時。
過去から現在に至るまでの間に生じた、様々な問題が複雑に絡み合い、身動きが取れないように感じると思います。

 

ですが「大人のありのまま」と「主体性」をもって、思考・感情等の整理を行い、複雑な絡まりをほどき、1本の糸として眺めてみると、共通の躓きが生じているのです。

 

この躓きを立て直す為には、「大人のありのまま」と「主体性」が必要です。


ところが、これらが身についていないが故に、共通の躓きが生じる従属的・支配的な思考・言動が生じていたのです。


その為、表面上の出来事を色々変えた状態で、躓く対応(従属的・支配的な思考・言動)をうまくいくと思い込んだまま用いて「うまくいくはずなのに、うまくいかない」という事が積み重なっているのです。

 

「うまくいくはずなのに、うまくいかない」が積み重なると、自信や居場所がないと感じたり、傷が大きくなったりします。

 

ですが、先ほど述べたように、「大人のありのまま」と「主体性」が身についていないので、躓きの積み重ねた状態から、自分を立て直す術を持っていません。


なので、躓く対応を「今度こそうまくいく」と思い込んだ状態で実行するしかなく、さらに傷を大きくしてしまうのです。

 

この状態で、上辺だけのテクニックを入れても、その場凌ぎにしかなりません。

 

短期的視野で捉えた場合、上辺だけのテクニックでうまくその場が凌げたと感じていても、長期的品で捉えると、問題や傷が大きくなると言う事は本当に多いのです。

 

傷が大きいまま、主体的な思考・行動をしようとしても無理があります。

 

ありのままの自分の本質・特性・能力といったものを活かしたり、やりたい事を実現したりしながら、ありのままの自分の人生を切り開いたりしたいというのであれば、現在、自分の躓きがどこで生じているのかを知り、現状を立て直し、やる必要のある事をやれる状態を作らなければなりません。

 

これらが出来て、初めてやりたい事を実現する段階へ到達すると言う事を、覚えておいて頂きたいのです。

 

何かを実現したいと考える時「実現」する事にばかり意識を向けがちです。

 

やりたい事を実現する事について、楽しい、幸せ、物事が思い通りになるといった漠然としたイメージをお持ちの方が多いのですが、楽しい、幸せといったものは、自らの傷を回復させ、躓きを立て直し、やる必要のある事をやる、自分や他人の違いを尊重して必要があれば合意するといった、ハードルを越えた先にあるのです。

 

もしあなたが、これまで、ありのままの自分の人生を切り開きたいと考え、色々取り組んではみたものの、うまくいかないと感じていたり、過去から現在に至るまでの間に生じた様々な問題が複雑に絡み合い、身動きが取れないと感じていたりするのであれば「大人のありのまま」と「主体性」が身についていない状態にある可能性が高いです。

ありのままの自分の納得を求める為に、体感を使う

ありのまま認める×EFTを使い、「大人のありのまま」と「主体性」を育み、ありのままのあなたの本質・特性・能力を活かして人生を切り開く為に、もう1つ、重要な事があります。


それは、あなたの「体感(感覚)」です。


ありのまま認める×EFTは、常に、あなたの体感を用いて行っています。

 

誰もが、自分の人生に何を求めているのか、テーマが違います。


ありのままのあなたが行きたい所を、あなたの体感に沿って言語化する事で引き出し、セットアップフレーズ、リマインダーを作ります。


あなたの体感に沿って、望む目的地を定めたり、躓きを立て直したりした後に、あなたの納得の体感を羅針盤として、行きたい所へ向かいます。

 

躓いた時は、羅針盤である、ありのままのあなたの体感に問いかけ、行先を再確認しながら、前に進みます。

 

あなたにとって、一番頼れる存在は、他の誰でもない「あなた(の体感)」です。

 

あなた(の体感)を羅針盤として、ありのまま認める×EFTを用いて、
・思考・感情の整理
・問題・悩みの対応
を積み重ねるうちに、これらは
・やりたい事をやる、自己実現する
為に、必要なものだとわかります。


体感を羅針盤に用いて、望む目的地に辿りつくまでの過程で、道案内のようなヒントを拾って前に進んだり、謎解きをしながら自分はどの道を進めば良いのかを考えたり、誰かの無意識の動きが、自分の望む目的地へ向かう為の助けとなっている事に気づいたりと、人と人の繋がりや交わりの不思議さ、面白さを味わえるかもしれません。

ありのまま認める×EFTのセッションについて

セッションは、後々、クライアントさんがお一人で「大人のありのまま」と「主体性」を育みながら、躓きに気づいて、立て直して、ありのままのご自身の人生を切り開いていく事を前提に、2つのコースを用意しております。

 

いわゆる、ネガティブと呼ばれる感情をありのまま認め満たす事から始めて、思考の上で、ありのままのあなたの答えを引き出すプロセスを提供する、基礎コース。

 

目の前に切羽詰まった、大きな問題が生じている時に、問題の根本に手を打ちながら「大人のありのまま」と「主体性」を育むプロセスを身に着け、自己実現に繋げる、「実践コース」


どちらも、セッション1回につき、セッション内容のメールと、2往復のメールフォローがついております。

 

実践コースに限り、セッションはしないけれど、ご自身でどのように取り組みを進めていけばいいのか等の、有料相談フォローを提供しております。

ありのまま認める×EFTの特徴

シンプルな方法を使っています

ありのまま認める×EFTで押さえるポイントは、下記の2点です。


・自分で自分をありのまま認め満たす
・自分で自分をありのまま認め満たすように、相手が相手をありのまま認め満たす事(互いの違い)を尊重し、必要があれば合意点を見出し、実行する


プライベート・仕事・お金・対人関係といった表面上の出来事に拘らず、また、土台作り・思考の整理・問題、悩みの対応・躓きの立て直し・自己実現といった内容に拘らず、いつでも、先程述べた2つのポイントを押さえた上で「出来事に対する、自分の思考・感情・言動等を、ありのまま認め満たす」という、たった1つの方法をあらゆる場面で応用します。

 

2つのポイントを押さえた上で、1つの方法をあらゆる場面で応用する為、日常使いとして勝手が良いのです。

特別な道具はいりません

必要なのは、言葉(セットアップフレーズ・リマインダー)と体感とEFTの手法であるタッピングと飲み水です。


人間は、自分で自分をありのまま認め満たす事で、ありのままの自分の本質・特性・能力を活かして生きられるように為に出来ています。

 

特別な道具はいらないのです。

自然で、現実的・実用的です

ありのまま認める×EFTは、現実的かつ実用的な内容であり、日常生活の様々な場面で応用する事が出来ます。

 

いわゆるネガティブと呼ばれる思考・感情を、そのまま使い、自然な流れでプロセスを進めます。


不自然なポジティブを装う必要がありません。


地に足をつけて、淡々とプロセスに取り組む事で、時折、不思議と感じる面白さを味わえると思います。

プロセスを提供しています

プロセスを身に着ける事で、誰かに答えをもらわなくても


自分で自分の思考・感情を整理をし、自分がどうしたいのかを引き出せるようになる


自分の問題を自分で解決したり、折り合いをつけられるようになる


自分がどうしたいのかに沿って、自己実現が出来るようになる


躓いたら、躓いた所から立て直せる


過去に生じた古傷を自分で癒し、回復させる事が出来る


短期的な取り組みの積み重ねが「躓いても自分で立て直せる、自分から答えを引き出して、変化に繋げていける」と言った具合に、長期的に活きる

 

自信を積み重ねる事が出来る

 

運に関係なく生きる


といった事が可能になります。

思い切る必要はありません

現状を変える為に、思い切って好きな事をしよう、仕事を辞めよう、離婚しよう、新しい何かを始めよう、言った事を考えがちです。


ですが、ありのまま認める×EFTでは、最初の段階ではこういった事はせずに、現状を立て直す事から始めます。

 

何故かというと、環境や周囲の誰かや何かを変えた所で、自分の視点・思考や行動といったものが変わらなければ、今と同じ問題(共通の躓き)が生じるからなのです。


「大人のありのまま」と「主体性」を育み、現状を立て直す事で変わる事も、結構あるのです。

今、出来る事から始めます

今、出来る事から1つずつ始めて
・ゼロから1を生み出す
・1+1にする
・1+1+1・・・といった具合に繋げる
・慣れてきたら足し算から掛け算になる
と言った具合に「今出来る事の積み重ね」が、自信や変化、新しい発見、立て直しといったものに繋がります。

慣れたら(慣れなくても何となく)一人で出来ます

セッションは、「セッション後からクライアントさんが、ご自身の日常生活の中でプロセスに沿って、お一人で取り組みをし慣れていく」事を前提に行っています。

 

あなたの思考・感情・行動等は、あなたが生涯扱うものなのですから、あなたがお一人で出来るようになる必要があるからです。


私・伊藤は、あくまで一時的な補助であり、セッション等を通じて「大人のありのまま」と「主体性」の育み方、「羅針盤の使い方」、「プロセスの使い方」、「短期的・長期的視野をもって必要なセットアップフレーズ・リマインダー作り」を先導する立場に過ぎません。

 

当方で提供する内容を、クライアントさんお一人で出来るようになれば、いつまでもセッションをする必要はないと考えております。


実は、私は、セッションを一度受けた切りの状態で、後は一人でひたすら取り組み続けて、アイホージュを立ち上げています。


クライアントさんが一人でやろうと思えば、出来ない訳ではありませんが、これまでの経験上、恐らくセットアップフレーズ・リマインダー作りや、プロセスの進め方で行き詰ると思います。

 

なので、セッションで、ご自身の躓きの癖を明らかにし、一通りプロセスに取り組み、日常でプロセスの応用を積み重ねる方が早いと考えております。

ありのまま認める×EFTのデメリット

お一人で取り組む時間と労力が必要です

セッションは、「セッション後からクライアントさんが、ご自身の日常生活の中でプロセスに沿って、お一人で取り組みをし慣れていく」事を前提に行っています。


その為、セッション後に、クライアントさんがセッション内容を応用してお一人で取り組む時間と労力が必要です。


これらが確保できない方は、取り組まない方が賢明です。


長年に渡る、(共通の)躓きが生じる思考・行動の積み重ねの影響は、あなたの人生において大きく広がっています。


加えて、(共通の)躓きが生じる思考・行動は、日常生活において、知らず知らずのうちに頻繁に顔を出します。


これらに対応しようとするならば、現在の躓きに気づき、過去の傷や躓きを立て直し、新しい思考・行動へと繋げ、新しい結果を得る事の積み重ね(慣れ)が必要であり、セッションだけの取り組みでは到底、追いつかないのです。

 

逆に、現在の躓きに気づき、過去の傷や躓きを立て直し、新しい思考・行動へと繋げ、新しい結果を得る事の積み重ねに慣れて、身についてしまえば、
・思考・感情の整理
・問題・悩みの対応
・やる必要のある事をやる・自己実現をする
といった、あらゆる場面で応用が出来るというメリットになります。

「自分が何もしなくとも、現状が一気に変わってほしい」と言う方には向きません

ありのまま認める×EFTは、自分で自分をありのまま認め満たした上で、主体的に思考し、躓きを立て直し、行動する為のプロセスです。


ひたすら受け身のまま「自分から何もしなくても、周囲の誰かや何かが、自分の思い描いたように一気に変わってほしい」「願い事をし、信じて疑わなければ、何もしなくても叶う」「EFTをすれば何もかもが変わる」と言った事を期待する方には、失望するような内容だと思いますし、時間・労力・お金のムダに繋がりますのでお勧めできません。

提供するプロセスの内容が、細かい為、慣れるまで面倒に感じるかもしれません。

提供するプロセスが細かい為、慣れるまでは面倒に感じるかもしれません。


ですが、プロセスが細かいのには理由があります。
クライアントさんが、思考した事を、納得の上で、実際の行動と新しい結果を得る事に繋げる為なのです。


大雑把なプロセスだと超えるハードルが高すぎたり、現実味がなかったり、曖昧だったりすると、肝心な時に躓いて動けなくなる事が多いのです。

 

ありのまま認める×EFTでは、プロセスの過程で躓いたり、動けなくなった場合、躓きを放置する事はしません。


フォローやセッションを通じて、その躓きを明らかにして、可能な限り思考・感情の上でのハードルを下げた状態で、躓きを立て直す取り組みをします。


何故なら、躓いたままだと、ありのままのあなたの本質・特性・能力を活かす地点には辿りつけないからです。


プロセスに慣れるうちに、出来るようになったプロセスは無意識のうちに通過できるようになる為、面倒でも最初は細かいプロセスに取り組む事が賢明です。

ご相談・お問い合わせ・ご予約はこちら

中国推拿・ありのまま認める×EFTについて不明な点や相談等ございましたら、お電話またはお問合せフォームより、気軽にお問合せ下さいませ。

お電話での問合せはこちら

017-743-3753

受付時間:10:00~19:00(サロン休業日を除く)

施術中は電話に出る事が出来ません。
留守番電話対応をしておりますので、恐れ入りますが、名前・電話番号・用件をお話し下さいませ。後程、こちらから連絡を差し上げます。

このサイトに掲載されている画像・文章の複写、無断転載を固くお断りします。 

(C)2009-2016 AIHOUJYU ALL RIGHTS RESERVED.

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

営業時間(休業日除く)
10:00-19:00

施術中は留守番電話対応になっております。お名前・連絡先・ご用件を留守番電話にお残し下さい。後程、こちらから折り返し連絡を差し上げます。

017-743-3753

2016年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
が定休日です。